2017年注目の大学野球選手  OFFICE MORIOKA ドラフト2017

選手名所 属出身校位 置利腕寸  評
北海道学生
宮本誉士樹東京農大北海道鎮西高投 手右右鎮西高3年夏は県大会3回戦で敗退。東京農大北海道では3年秋にMVPを獲得した。
北東北大学
小林 遼富士大仙台育英高投 手右左仙台育英高では馬場皐輔(仙台大)とバッテリーを組み、甲子園に3回出場。富士大では1年秋から正捕手としてリーグ戦に出場。2年秋ベストナイン。
仙台6大学
楠本泰史東北福祉大花咲徳栄高内野手右左花咲徳栄高では3年春に甲子園に出場。東北福祉大では1年春からレギュラーとなり新人王を獲得。2年秋にはMVP。3年春は3本塁打で本塁打王となった。
馬場皐輔仙台大仙台育英高投 手右右塩釜三小3年でリトルリーグの塩釜ドラコン図に入る。塩釜三中時代は七ヶ浜シニアでプレーした。仙台育英高では3年春夏連続して甲子園に出場。仙台大では1年春からリーグ戦に登板し、初勝利もあげる。3年秋には153kmをマーク。リーグ通算8勝。
関甲新大学
小豆沢誠上武大飛龍高内野手右左上武大では1年秋からリーグ戦に出場し、2年春から遊撃手のレギュラーとなる。
鳥巣誉議久留米商内野手右左荒木小2年で軟式野球を始める。荒木中では硬式の三潴ファイターズでプレーした。久留米商では3年春に九州大会優勝。夏は1番ショートで県大会5回戦で敗退。上武大では1年春からリーグ戦に出場して新人王を獲得。2年春からは三塁手のレギュラーとなり、秋には打率.421で首位打者を獲得した。
島田海吏九州学院高外野手右左宇土東小4年で軟式野球を始める。宇土鶴城中時代は軟式でプレーする傍ら、短距離選手として県大会優勝、全国大会にも出場した。九州学院高では2年春に甲子園に出場。3年夏は県大会4回戦で敗退。上武大では2年春から1番打者のレギュラーとして出場。3年春には打率.469で首位打者を獲得した。
東京6大学
宮台康平東 大湘南高投 手左左戸塚小3年で野球を始め、5年で投手となる。戸塚中時代は外野手兼投手。湘南高では3年春の県大会でベスト8。夏は県大会3回戦で敗退。現役で東大文Ⅰ(法学部)に進学、1年秋からリーグ戦に登板。2年秋にリーグ戦初勝利をあげた。3年では日米大学野球代表に選ばれて150kmを記録、年間3勝をマークした。リーグ通算4勝。
大竹耕太郎早 大済々黌高投 手左左済々黌高では、2年夏、3年春に甲子園に出場。3年夏は県大会準決勝で敗退。早大では1年春からリーグ戦に登板、秋には4勝をあげたが、3年秋は未勝利。リーグ通算10勝。
柳沢一樹広陵高投 手右右広陵高では3年選抜に出場したが未登板。早大では1年秋からリーグ戦に登板し、150kmをマークして注目を集めた。リーグ通算1勝。
斎藤大将明 大桐蔭学園高投 手左左清瀬二小1年で野球を始め、投手となる。清瀬二中時代は城東ボーイズでプレーし、3年のとき世界大会に出場。桐蔭学園高では1年夏にベンチ入りし、秋からエース。2年夏は県大会決勝で敗れた。明大では1年春からリーグ戦に登板し、秋に初勝利。リーグ通算6勝。
水野匡貴静岡高投 手右右明大では1年秋からリーグ戦に登板。リーグ通算3勝。
竹村春樹浦和学院高内野手右左浦和学院高では2年夏から4季連続して甲子園に出場し、3年選抜では優勝。高校日本代表にも選ばれた。明大では1年春からリーグ戦に出場。
岩見雅紀慶 大比叡山高外野手右右仰木小2年で野球を始める。比叡山中時代は外野手兼投手で近畿大会にも出場。比叡山高1年秋にベンチ入り、2年春から4番を打つ。3年夏はレフトで5番を打った。高校通算47本塁打。仏教大・大体大に合格するも入学せず、1浪して慶大に進学。2年春からリーグ戦に出場し、3年春からレギュラー。リーグ通算9本塁打。187cm110kg。
笠松悠哉立教大大阪桐蔭高内野手右右大阪桐蔭高では2年春から4季連続して甲子園に出場。立教大では2年春からリーグ戦に出場し、秋には打率.333で4位。リーグ通算5本塁打勝。
熊谷敬宥仙台育英高内野手右右仙台育英高では3年春夏連続甲子園に出場。立教大では2年春からリーグ戦に出場し、3年春から遊撃手のレギュラー。
熊谷拓也法政大平塚学園高投 手右右平塚学園高3年夏は県大会準優勝。法政大では1年春からリーグ戦に登板。2年春には3勝をあげた。リーグ通算6勝。
東都大学
高橋遥人亜細亜大常葉橘高投 手左左常葉橘高では2年夏に甲子園に出場。プロ死亡届を提出したが指名されず、亜細亜大に進学。1年秋からリーグ戦に登板。
嘉陽宗一郎松山聖陵高投 手右右亜細亜大では1年春からリーグ戦に登板して初勝利もあげ、3年秋は3勝をマーク。リーグ通算6勝。
北村拓己星稜高内野手右右星稜高では3年夏に甲子園に出場。亜細亜大では1年秋からリーグ戦に出場し、3年春からレギュラー。北村祥治(トヨタ自動車)の弟。
葛川知哉青山学院大大阪桐蔭高投 手右右大阪桐蔭高では3年春夏連続して甲子園に出場。青山学院大では2年春からリーグ戦に出場。3年秋には4勝をあげた。リーグ通算10勝。
山田誠也敦賀気比高捕 手右右敦賀気比高では一塁手として2年春、3年春と甲子園に出場。青山学院大で捕手に転向、1年春からリーグ戦に出場。
遠藤康平常葉菊川高内野手右右常葉菊川高では3年春夏連続して甲子園に出場。青山学院大では1年春にレギュラーとなり、打率.324で7位に入って新人賞を受賞。
太田和輝日 大日大三高内野手右右日大三高では3年春に甲子園に出場。日大では1年春から二部リーグに出場、3年では4番を打つ。
鍬原拓也中央大北陸高投 手右右中央大では1年春からリーグ戦に登板。3年秋は4勝をあげた。
片山翔太東洋大大社高投 手左左東洋大では1年春からリーグ戦に登板。3年秋には3勝をあげた。
小畑尋規立正大北照高捕 手右右北照高では2年春、3年春夏と甲子園に3回出場。立正大では1年春から二部リーグに出場。
山崎 剛国学院大日章学園高内野手右左日章学園高3年夏は県大会3回戦で敗退。国学院大では1年春からリーグ戦に出場、2年春には打率.400で首位打者を獲得した、4年夏は日米大学選手権代表にも選ばれる。
高橋 礼専修大専大松戸高投 手右右専修大では1年秋から2部リーグに登板。2年春には1部で活躍して大学全日本も選ばれた。リーグ通算8勝。
椎野 新国士舘大村上桜ヶ丘高投 手右右国士舘大では1年秋から2部リーグに登板、2年秋からはエースとして活躍。2部通算9勝。
首都大学
下石涼太東海大広陵高内野手右左王司小6年で野球を始める。東部中時代は下関マリナーズで投手兼三塁手。広陵高では1年春にベンチ入り、秋には二塁手のレギュラーとなる。2年秋からはエースで1番を打ち、3年選抜に出場した。東海大では1年春から遊撃手のレギュラーとなり、2年で大学日本代表にも選ばれた。
大道寺拓筑波大弘前高投 手右右弘前高時代は二塁手で、3年夏は県大会決勝で敗退。筑波大に進学して2年夏に投手に転向、秋からリーグ戦に登板。3年春には2勝をあげた。
神奈川大学
渡辺佑樹横浜商大富士学苑高投 手左左横浜商大では4年春にベストナイン。
佐藤・デシャーン・広之横浜創学館高外野手右左横浜創学館高3年夏は県大会5回戦で敗退。高校通算27本塁打。横浜商大では1年春からリーグ戦に出場、2年秋から1番打者のレギュラーとなる。父がアメリカ人。
東海地区大学
石坂友貴中京学院大中京高内野手右右中京学院大では1年春からリーグ戦に出場し、2年春に遊撃手のレギュラーとなり、秋にはベストナイン。
平岡敬人中部学院大育英高投 手 3年春に右肩を痛めて秋は登板できなかったが、4年春に復帰。187cmの長身。
関西学生
東 克樹立命館大愛工大名電高投 手左左愛工大名電高では2年春夏控え投手として甲子園に出場(未登板)。3年春にはエースとして出場した。立命館大では1年秋からリーグ戦に登板して2勝をあげ、3年春には防御率0.65をマークしてMVPに選ばれた。秋には5勝をあげた。リーグ通算11勝。
渡辺大地大分雄城台高投 手右右立命館大では1年秋からリーグ戦に登板。3年秋に2勝をあげた。
関西6大学
榎本和輝大阪商大京都翔英高投 手右右京都翔英高3年選抜では背番号18のエースとして出場。夏は府大会準決勝で敗れた。大阪商大では2年春からリーグ戦に登板、野手としても出場した。3年春からは投手に専念。
近畿学生
宮本 丈奈良学園大履正社高内野手右左履正社高では2年春と3年春に甲子園に出場。奈良学園大では1年春からリーグ戦に出場。3年春は打率.556で首位打者を獲得。1年秋から5季連続ベストナイン。
中国6大学
近藤弘樹岡山商大安佐北高投 手右右小4でソフトボールを始め、三入中時代は軟式でプレー。安佐北高では1年夏からベンチ入りした。岡山商大では1年春からリーグ戦に登板して2勝をあげ、秋からはエース。4年春のリーグ戦対福山大戦では152kmをマーク、7勝1敗でMVPも獲得した。大学選手権では1回戦で近畿大に完投勝利をあげて注目を集める。リーグ通算20勝。
野村颯一郎環太平洋大崇徳高内野手右左環太平洋大では3年春からリーグ戦に出場。父は野村謙二郎元広島監督。
福岡6大学
草場亮太九州産大伊万里商投 手右右立花小2年で野球を始め、投手兼三塁手。伊万里中を経て、伊万里商に進学、1年秋に遊撃手のレギュラーとなる。2年春にセンターとなり、夏からはエース。秋には4番を打って、主将もつとめた。九州産大では1年春に1試合だけ登板したのち、3年春からリーグ戦に登板。4年春はエースとして5勝をあげた。

作成:Hiroshi Morioka