2017年ドラフトで指名された選手一覧

東 克樹  あずま・かつき1995.11.29三重県DeNA1巡目
球 歴四日市大池中→愛工大名電高→立命館大投 手 左左
経 歴三重北小で野球を始める。大池中時代はボーイズリーグの四日市トップエースでプレーした。愛工大名電高では2年春夏控え投手として甲子園に出場(未登板)。3年春にはエースとして出場した。立命館大では1年秋からリーグ戦に登板して2勝をあげ、3年春の京大戦ではノーヒットノーランを達成し、防御率0.65をマークしてMVPに選ばれた。秋には5勝をあげた。4年春には関西大戦で、リーグ史上初の2回目のノーヒットノーランを達成した。リーグ通算11勝。
石川 翔  いしかわ・しょう1999.12.14東京都中日2巡目
球 歴板橋赤塚一中→青藍泰斗高投 手 右左
経 歴板橋北野小2年で東板橋リトルに入り、外野手となる。5年から投手。赤塚一中では板橋シニアでプレーし、外野手兼投手。青藍泰斗高では2年春から外野手兼投手となり、関東大会に出場。秋にはエースとなり県大会ベスト4。3年夏は4番を打つ。母はフィリピン人。
伊藤康祐  いとう・こうすけ2000.2.3愛知県中日5巡目
球 歴形原中→中京大中京高外野手 右右
経 歴形原小1年で軟式野球を始める。形原中時代は岡崎葵ボーイズで遊撃手としてプレーした。中京大中京高では1年夏からベンチ入りし、秋には一塁手のレギュラーとなる。2年春からは1番を打ち、外野手や三塁手をつとめる。高校通算21本塁打。
伊藤 翔  いとう・しょう1999.2.10千葉県西武3巡目
球 歴野栄中→横芝敬愛高→四国IL徳島投 手 右右
経 歴匝瑳栄北小で野球を始める。野栄中時代は九十九シニアでプレーした。横芝敬愛高では2年からエース。2017年四国IL徳島に入団し、1年目から活躍。
岩見雅紀  いわみ・まさき1994.7.10滋賀県楽天2巡目
球 歴比叡山中→比叡山高→慶大外野手 右右
経 歴仰木小2年で野球を始める。比叡山中時代は軟式で外野手兼投手としてプレーし、近畿大会にも出場。比叡山高では1年秋にベンチ入り、2年春から4番を打つ。3年夏はレフトで5番を打った。高校通算47本塁打。仏教大・大体大に合格するも入学せず、1浪して慶大に進学。2年春からリーグ戦に出場し、3年春からレギュラー。4年秋には5試合連続ホームランを打つなど、年間12本塁打のリーグ記録、1シーズン7本塁打のリーグタイ記録をマークした。リーグ通算打率.292、21本塁打、53打点。
遠藤淳志  えんどう・あつし1999.4.8茨城県広島5巡目
球 歴新治中→霞ヶ浦高投 手 右右
経 歴土浦斗利出小1年で野球を始める。土浦新治中時代は軟式でプレー。霞ヶ浦高では1年秋から背番号10でベンチ入り。3年夏は県大会決勝で敗れた。
大城卓三  おおしろ・たくみ1993.2.11沖縄県巨人3巡目
球 歴首里中→東海大相模高→東海大→NTT西日本捕 手 右左
経 歴那覇城西小で軟式野球を始める。首里中時代はヤングリーグのSOLA沖縄でプレーした。東海大相模高に野球留学して2年春に正捕手となり、4番を打つ。3年春夏連続して甲子園に出場、春は故障で7番だったが、夏は4番を打って準優勝した。東海大では2年春からリーグ戦に出場し、4年春には3番を打って首位打者とMVPを獲得した。ベストナイン3回。NTT西日本でも1年目から活躍。
大下佑馬  おおした・ゆうま1992.7.6広島県ヤクルト2巡目
球 歴段原中→崇徳高→亜細亜大→三菱重工広島投 手 右左
経 歴段原中時代は軟式でプレー。崇徳高では2年春にエースとなる。亜細亜大では1年春からリーグ戦に登板。リーグ通算1勝1敗。三菱重工広島では1年目から登板。
金久保優斗  かなくぼ・ゆうと1999.11.4千葉県ヤクルト5巡目
球 歴八千代台西中→東海大市原望洋高投 手 右左
経 歴八千代台小1年で軟式野球を始める。八千代台西中時代は佐倉シニアでプレーし、3年のとき日本選手権で優勝。東海大市原望洋高では1年秋にベンチ入りし、2年秋からエースで4番を打つ。
神里和毅  かみざと・かずき1994.1.17沖縄県DeNA2巡目
球 歴南風原南星中→糸満高→中央大→日本生命外野手 右左
経 歴南風原翔南小4年で軟式野球を始め、南星中時代も軟式でプレー。糸満高では2年秋に外野手のレギュラーとなり、3年夏には1番打者として甲子園に出場。中央大では1年春からリーグ戦に出場。4年秋ベストナイン。リーグ通算.238。プロ志望届を提出したが指名されず、日本生命に入社。1年目から1番打者として活躍。
岸田行倫  きしだ・ゆきのり1996.10.10兵庫県巨人2巡目
球 歴川西南中→報徳学園高→大阪ガス捕 手 右右
経 歴川西加茂小で軟式野球を始める。川西南中時代はヤングリーグ兵庫でプレーした。報徳学園高では内野手兼投手だったが、2年秋に捕手に転向。3年春の甲子園では捕手からリリーフ投手として登板、高校日本代表ではアジア選手権で一塁手として出場。大阪ガスでは1年目の秋から正捕手となる。
北浦竜次  きたうら・りゅうじ2000.1.12栃木県日本ハム5巡目
球 歴那須塩原厚崎中→白鴎大足利高投 手 左左
経 歴共英小2年で野球を始め投手となる。厚崎中時代は大田原ボーイズで投手としてプレーした。白鴎大足利高ではエースで4番。通算26本塁打。
北村拓己  きたむら・たくみ1995.8.29石川県巨人4巡目
球 歴星稜中→星稜高→亜細亜大内野手 右右
経 歴金沢十一屋小で軟式野球を始める。星稜中時代も軟式でプレーした。星稜高では3年夏に甲子園に出場。亜細亜大では1年秋からリーグ戦に出場し、3年春から遊撃手のレギュラー。4年秋ベストナイン。北村祥治(トヨタ自動車)の弟。
清宮幸太郎  きよみや・こうたろう1999.5.25東京都日本ハム1巡目
球 歴早実中→早実内野手 右左
経 歴早実初等部4年で北砂リトルに入り、投手兼内野手となる。中等部1年のとき全日本メンバーとして米国遠征。調布シニアでも台湾に遠征した。調布シニアでは一塁手に専念。早実では入学直後にレギュラーとなり、春季大会準々決勝の関東一高戦で公式戦初ホームランを打った。高校通算本塁打は史上最多の111本。父はラグビーの名選手清宮克幸。
楠本泰史  くすもと・たいし1995.7.7神奈川県DeNA8巡目
球 歴横浜山内中→花咲徳栄高→東北福祉大外野手 右左
経 歴横浜山内小で軟式野球を始める。山内中時代は横浜緑東シニアでプレーした。花咲徳栄高では3年春に甲子園に出場。東北福祉大では1年春からレギュラーとなり新人王を獲得。2年秋と4年春にMVP。3年春は3本塁打で本塁打王となり、3年・4年とユニバーシアード日本代表に選ばれ、4番も打った。ベストナイン4回。リーグ通算99安打。
熊谷敬宥  くまがい・たかひろ1995.11.10宮城県阪神3巡目
球 歴南光台中→仙台育英高→立教大内野手 右右
経 歴仙台南光台小3年で軟式野球を始める。南光台中時代は仙台東部シニアでプレーした。仙台育英高では馬場皐輔とともに3年春夏連続甲子園に出場。立教大では2年春からリーグ戦に出場し、3年春から遊撃手のレギュラー。4年では主将をつとめ、春には盗塁王を獲得した。
蔵本治孝  くらもと・はるたか1995.5.16兵庫県ヤクルト3巡目
球 歴伊丹荒牧中→神戸国際大付高→岡山商大投 手 右右
経 歴伊丹天神川小で軟式野球を始める。伊丹荒牧中時代はヤングリーグの兵庫伊丹でプレーした。神戸国際大付高では控え投手で3年夏の県大会も登板なし。岡山商大では1年からリーグ戦に登板し、2年秋に先発投手として活躍したが、オフにトミー・ジョン手術を受ける。4年春にリーグ戦に復帰、夏の大学選手権でも先発投手として登板した。
鍬原拓也  くわはら・たくや1996.3.26奈良県巨人1巡目
球 歴御所大正中→北陸高→中央大投 手 右右
経 歴3歳の時に岡山県玉野市から奈良県橿原市に転居。小3で軟式野球を始め、遊撃手となる。大正中時代は橿原磯城シニアでプレーし、ジャイアンツカップに出場。福井県の北陸高に野球留学してエースとなる。中央大では1年春からリーグ戦に登板、3年秋は4勝をあげた。リーグ通算11勝13敗、防御率3.38。
ケムナ・ブラッド誠  けむな・ぶらっどまこと1995.6.5宮崎県広島3巡目
球 歴油津中→日南高→日本文理大投 手 右右
経 歴父が米国人で、4歳のときにハワイから宮崎県に移住。油津小6年で軟式野球を始め、油津中時代も軟式でプレー。日南高では1年冬に野球部に入部。日本文理大では2年春から公式戦に登板。
近藤弘樹  こんどう・ひろき1995.6.27広島県楽天1巡目
球 歴広島三入中→安佐北高→岡山商大投 手 右右
経 歴広島三入東小4年でソフトボールを始め、三入中時代は軟式でプレー。安佐北高では1年夏からベンチ入りしたが、2年秋の県大会ベスト8が最高。岡山商大では1年春からリーグ戦に登板して2勝をあげ、秋からはエース。4年春のリーグ戦対福山大戦では152kmをマーク、7勝1敗でMVPも獲得した。大学選手権では1回戦で近畿大に完投勝利をあげて注目を集める。リーグ通算29勝22敗、防御率1.23。
斎藤俊介  さいとう・しゅんすけ1994.1.7千葉県DeNA4巡目
球 歴臼井南中→成田高→立教大→JX-ENEOS投 手 右右
経 歴佐倉千代田小で軟式野球を始める。臼井南中時代は佐倉ボーイズでプレーした。成田高では2年夏に甲子園でベスト4。立教大ではリーグ通算11勝14敗、防御率2.45。JX-ENEOSでは1年目から三菱日立パワーシステムズに補強されて都市対抗に出場。
斉藤大将  さいとう・ひろまさ1995.6.3東京都西武1巡目
球 歴清瀬二中→桐蔭学園高→明大投 手 左左
経 歴清瀬二小1年で野球を始め、投手となる。清瀬二中時代は城東ボーイズでプレーし、3年のとき世界大会に出場。桐蔭学園高では1年夏にベンチ入りし、秋からエース。2年夏は県大会決勝で敗れた。明大では1年春からリーグ戦に登板し、秋に初勝利。リーグ通算6勝。
阪口皓亮  さかぐち・こうすけ1999.8.15大阪府DeNA3巡目
球 歴大正東中→北海高投 手 右左
経 歴三軒家東小2年で野球を始める。大正東中時代は大正ボーイズでプレーした。北海高では2年春からベンチ入りし、3年夏に甲子園に出場。
桜井周斗  さくらい・しゅうと1999.6.25埼玉県DeNA5巡目
球 歴所沢東中→日大三高投 手 左左
経 歴所沢牛沼小で野球を始め投手となる。所沢東中時代は新座シニアでプレーし、関東大会に出場。日大三高では1年秋から外野手のレギュラーとなり、2年夏からは投手も兼任。秋には背番号8のままエースとして東京都大会で優勝して、3年選抜では背番号1で出場。高校通算31本塁打。
椎野 新  しいの・あらた1995.10.10新潟県ソフトバンク4巡目
球 歴胎内黒川中→村上桜ヶ丘高→国士舘大投 手 右右
経 歴胎内黒川小で軟式野球を始め、黒川中時代も軟式でプレー。村上桜ヶ丘高では2年秋には控え投手だったが、3年春の県大会で38.2イニングで51奪三振を記録して注目を集めた。夏は県大会決勝で敗退。プロ志望届を提出したが指名さけず、国士舘大に進学。1年秋から2部リーグに登板、2年秋からはエースとして活躍。2部通算11勝21敗。
塩見泰隆  しおみ・やすたか1993.6.12神奈川県ヤクルト4巡目
球 歴相模原中央中→武相高→帝京大→JX-ENEOS投 手 右右
経 歴相模原星が丘小で軟式野球を始める。相模原中央中時代は海老名シニアでプレーした。JX-ENEOSではセンターで1番を打つ。
島田海吏  しまだ・かいり1996.2.6熊本県阪神4巡目
球 歴宇土鶴城中→九州学院高→上武大外野手 右左
経 歴宇土東小4年で軟式野球を始める。宇土鶴城中時代は軟式でプレーする傍ら、短距離選手として県大会優勝、陸上ジュニアオリンピックにも出場した。九州学院高では1年秋からレギュラーとなり、2年春に甲子園に出場。3年夏は県大会4回戦で敗退。上武大では2年春から1番打者のレギュラーとして出場。3年春には打率.469で首位打者を獲得した。
清水達也  しみず・たつや1999.11.3埼玉県中日4巡目
球 歴深谷藤沢中→花咲徳栄高投 手 右右
経 歴藤沢小1年で硬式野球を始める。藤沢中時代は軟式でプレーした。花咲徳栄高では1年夏に控え投手としてベンチ入り。2年選抜では登板せず、夏に甲子園初登板。3年夏はエースとして全国制覇を達成した。U18日本代表。
菅野剛士  すがの・つよし1993.5.6東京都ロッテ4巡目
球 歴府中八中→東海大相模高→明大→日立製作所外野手 右左
経 歴府中日新小で武蔵府中リトルに入る。府中八中時代も武蔵府中シニアでプレーした。東海大相模高では甲子園に3回出場し、3年春は優勝。明大では1年春からリーグ戦に出場。リーグ通算27二塁打は史上最多タイ。ベストナイン2回。リーグ通算6本塁打。プロ志望届を提出したが指名されず、日立製作所に入社。1年目から4番を打ち、若獅子賞を獲得。
鈴木康平  すずき・こうへい1994.1.21千葉県オリックス2巡目
球 歴鎌ヶ谷五中→千葉明徳高→国際武道大→日立製作所投 手 右右
経 歴初富小で軟式野球を始める。鎌ヶ谷五中時代は鎌ヶ谷リトルシニアで3番手投手としてプレーした。千葉明徳高では2年秋からエース。3年夏は県大会2回戦で敗退。国際武道大では1年秋からリーグ戦に登板、2年春からは先発投手として活躍、秋には5勝をあげた。リーグ通算11勝。プロ志望届を提出したが指名されず、日立製作所に入社。1年目に日本選手権で登板、2年目にはエースとなる。
鈴木博志  すずき・ひろし1997.3.22静岡県中日1巡目
球 歴大浜中→磐田東高→ヤマハ投 手 右右
経 歴大坂小3年で軟式野球を始める。大浜中時代も軟式でプレーした。磐田東高では1年夏から控え投手としてベンチ入りし、3年春からエース。ヤマハでは2年目の2016年から活躍。
鈴木遼太郎  すずき・りょうたろう1996.2.18宮城県日本ハム6巡目
球 歴石巻蛇田中→石巻西高→東北学院大投 手 右右
経 歴石巻向陽小で軟式野球を始める。石巻蛇田中時代は軟式でプレー。石巻西高では2年夏からエース。東北学院大では2年秋からリーグ戦に登板。4年秋には5勝1敗をマーク。リーグ通算16勝。
平良海馬  たいら・かいま1999.11.15沖縄県西武4巡目
球 歴石垣中→八重山商工投 手 右左
経 歴真喜良小1年で野球を始める。石垣中時代は八重山ポニーズで全国大会に出場。八重山商工では1年夏から外野手や代打として出場。2年夏には県大会ベスト8に進んだが、3年春は部員不足で宮古工との合同チームで出場した。夏は単独チームでエースとして出場したが、県大会開幕戦で首里高と対戦して0-1で惜敗した。打撃もよく高校通算20本塁打。
田浦文丸  たうら・ふみまる1999.9.21福岡県ソフトバンク5巡目
球 歴大野城平野中→秀岳館高投 手 左左
経 歴大野城平野小1年で軟式野球を始める。平野中時代は糸島ボーイズで投手兼外野手としてプレーした。秀岳館高では1年秋にベンチ入りし、2年春から4季連続して甲子園に出場。3年選抜ではエースとなる。U18日本代表。
高橋遥人  たかはし・はると1995.11.7静岡県阪神2巡目
球 歴常葉橘中→常葉橘高→亜細亜大投 手 左左
経 歴静岡西奈小3年で軟式野球を始め、常葉橘中では軟式で外野手兼投手としてプレー、3年夏に全国優勝。常葉橘高では1年春からベンチ入り、2年夏は控え投手として甲子園に出場し、工大福井高戦ではリリーフ登板した。秋にはエースとなる。プロ志望届を提出したが指名されず、亜細亜大に進学。1年秋からリーグ戦に登板、3年秋にはエースとなる。
高橋 礼  たかはし・れい1995.11.2千葉県ソフトバンク2巡目
球 歴松戸三中→専大松戸高→専修大投 手 右右
経 歴松戸八ヶ崎二小で松戸ボーイズに入る。松戸三中時代は流山ボーイズでプレーし、アンダーハンドなに転向。専大松戸高では3年春に関東大会ベスト4まで進出。専修大では1年秋から2部リーグに登板。2年春には1部で活躍して大学全日本も選ばれた。リーグ通算8勝。
高松 渡  たかまつ・わたる1999.7.2兵庫県中日3巡目
球 歴浜の宮中→滝川二高内野手 右左
経 歴尾上小1年で野球を始め、遊撃手兼外野手。浜の宮中時代は軟式でプレーした、滝川二高に進学し、1年秋に外野手のレギュラーとなる。3年夏は県大会ベスト4。50m5秒9の俊足。
田嶋大樹  たじま・だいき1996.8.3栃木県オリックス1巡目
球 歴陽西中→佐野日大高→JR東日本投 手 左左
経 歴宝木小3年で軟式野球を始め、陽西中時代は鹿沼ボーイズで投手としてプレー、日本代表にも選ばれた。佐野日大高では1年夏からベンチ入りし、2年秋にエースとして県大会優勝。3年選抜の初戦対鎮西高戦では毎回の12奪三振で完封し、ベスト4まで進出。夏は県大会決勝で敗れた。JR東日本に入社し、1年目から公式戦に登板。
田中耀飛  たなか・あきと1996.3.5大阪府楽天5巡目
球 歴住之江中→英明高→関西独立L兵庫外野手 右右
経 歴小2年で野球を始め、中学時代は浜寺ボーイズでプレーした。香川県の英明高に進学し、1年秋から4番を打つ。高校通算18本塁打。芦屋大に進学して独立リーグの兵庫に入り一塁手兼外野手としてプレー。
田中瑛斗  たなか・えいと1999.7.13大分県日本ハム3巡目
球 歴中津中→柳ヶ浦高投 手 右左
経 歴小楠小2年で野球を始めて遊撃手となり、九州大会にも出場。中津中では軟式でプレーし、2年秋から投手を兼任。柳ヶ浦高では1年秋に背番号10でベンチ入りし、2年秋からエース。3年夏の県大会2回戦対三重総合高戦で147kmをマークしたが、準決勝で敗れた。
田中俊太  たなか・しゅんた1993.8.18神奈川県巨人5巡目
球 歴厚木依知中→東海大相模高→東海大→日立製作所内野手 右左
経 歴厚木依知南小時代はボーイズリーグ相模原でプレー。依知中時代もボーイズリーグでプレー。東海大相模高では1年秋から二塁手のレギュラーとなり、2年選抜に出場。3年春には3番を打って甲子園で優勝した。東海大では2年春からリーグ戦に出場し、3年の時大学日本代表に選ばれる。プロ志望届を提出したが指名されず、日立製作所に入社。1年目に若獅子賞を獲得し、二塁手としてベストナインにも選ばれた。兄は田中広輔(広島)。
谷川昌希  たにがわ・まさき1992.10.6福岡県阪神5巡目
球 歴筑南中→筑陽学園高→東京農大→九州三菱自動車投 手 右右
経 歴八女北山小で軟式野球を始める。筑南中時代はサンリーグの八女でプレーした。筑陽学園高では2年夏に県大会準優勝。東京農大では2部通算5勝。九州三菱自動車に入社して1年目から活躍、俊対抗にも3年連続して出場した。
綱島龍生  つなしま・りゅうせい2000.1.21新潟県西武6巡目
球 歴糸魚川中→糸魚川白嶺高内野手 右左
経 歴糸魚川小1年で軟式野球を始める。糸魚川中時代は外野手兼捕手としてプレーした。糸魚川白嶺高では1年春からベンチ入りし、夏には捕手で3番を打った。2年春に遊撃手に転向した。
寺岡寛治  てらおか・かんじ1992.12.3福岡県楽天7巡目
球 歴粕屋東中→東海大五高→九州共立大→九州三菱自動車→BCL石川投 手 右右
経 歴粕屋西小でソフトボールを始め、粕屋東中で福岡粕屋ボーイズに入る。東海大五高では投手で2年秋に九州大会に出場したが、3年夏は肘を痛めてレフトで出場。九州共立大では外野手としてプレーし、4年春に福岡6大学ベストナイン。九州三菱自動車で投手に復帰、投手兼外野手としてプレーした。2017年投手に専念するためにBCL石川に入団した。
寺田光輝  てらだ・こうき1992.1.5三重県DeNa6巡目
球 歴厚生中→伊勢高→筑波大→BCL石川投 手 右右
経 歴厚生小3年で軟式野球を始める。厚生中時代も軟式でプレーした。伊勢高を経て、筑波大に進学。4年春からリーグ戦に登板し、リーグ通算1勝1敗。BCL石川に入団し、リリーフ投手として活躍。
永井敦士   ながい・あつし2000.1.10埼玉県広島4巡目
球 歴草加花栗中→二松学舎大付高外野手 右右
経 歴草加花栗南小で軟式野球を始める。草加花栗中時代は草加ボーイズでプレーした。二松学舎大付高では3年夏に甲子園に出場。高校通算47本塁打。
永野将司  ながの・しょうじ1993.3.2大分県ロッテ6巡目
球 歴山香中→日出暘谷高→九州国際大→ホンダ投 手 左左
経 歴山香小で軟式野球を始める。山香中時代も軟式でプレーした。日出暘谷高では外野手兼控え投手。九州国際大では4年秋に左肱靭帯断裂で手術し1年間のリハビリを経て、2017年にホンダに入社。2年目には都市対抗でも登板。
中村奨成  なかむら・しょうせい1999.6.6広島県広島1巡目
球 歴廿日市大野東中→広陵高捕 手 右右
経 歴廿日市大野東小1年で軟式野球を始め、捕手となる。大野東中時代は大野シニアでプレーした。広陵高では1年夏から正捕手となる。3年夏に3番を打って甲子園に出場、28打数19安打、6本塁打、17打点、打率.679を記録。6本塁打、17打点、43塁打、12長打は大会新記録。高校通算43本塁打。
難波侑平  なんば・ゆうへい1999.5.6岡山県日本ハム4巡目
球 歴操南中→創志学園高投 手 右左
経 歴旭操小1年でソフトボールを始める。操南中時代は岡山シニアでプレーした。創志学園高では1年春からベンチ入りし、秋に外野手のレギュラーとなる。2年春夏はレフトとして甲子園に出場。秋にはエースとなったが、3年選抜にはレフトで出場。
西浦颯大  にしうら・はやと1999.5.21熊本県オリックス6巡目
球 歴八代鏡中→明徳義塾高外野手 右左
経 歴鏡西部小3年で野球を始める。鏡中時代は熊本北シニアで外野手としてプレーし、U15日本代表。明徳義塾高に進学し、1年春から外野手のレギュラーとなり、春季四国大会では3番を打ったが、夏の甲子園ではベンチ外。2年夏に一塁手で3番を打って出場、3回戦の嘉手納高戦では満塁ホームランを打った。秋からはライトで4番を打つ。
西川愛也  にしかわ・まなや1999.6.10大阪府西武2巡目
球 歴金岡南中→花咲徳栄高外野手 右左
経 歴金岡小2年で軟式野球を始める。金岡南中時代は浜寺ボーイズでプレーした。花咲徳栄高では1年秋にベンチ入りし、2年春には4番を打って選抜に出場。3年夏には全国制覇を達成。高校通算30本塁打。
西巻賢二  にしまき・けんじ1999.4.22福島県楽天6巡目
球 歴秀光中→仙台育英高内野手 右右
経 歴会津若松小金井小4年で軟式野球を始め、6年のとき楽天Jr.に入る。仙台育英高では1年春からベンチ入りし、夏の甲子園でも出場。秋には1番ショートのレギュラーとなり、3年春夏甲子園に出場。
西村天裕  にしむら・たかひろ1993.5.6和歌山県日本ハム2巡目
球 歴和歌山東中→和歌山商→帝京大→NTT東日本投 手 右右
経 歴和歌山岡崎小で軟式野球を始める。和歌山東中時代は軟式で投手兼一塁手としてプレー。県和歌山商では2年秋にエースとして近畿大会に出場した。3年夏は4番を打った。帝京大では1年春からリーグ戦に登板し、2年春からエース。リーグ通算20勝、ベストナイン1回。プロ志望届を提出後、左膝十字靱帯を損傷したため指名されず、NTT東日本に入社。1年目の秋から活躍。
西村 凌  にしむら・りょう1996.2.21滋賀県オリックス5巡目
球 歴甲西中→青森山田高→SUBARU捕 手 右右
経 歴三雲小で軟式野球を始め、甲西中では野洲ボーイズでプレーした。青森山田高に野球留学し、1年からベンチ入り、秋にはレギュラー。2年秋からは3番を打って主将をつとめた。高校通算23本塁打。プロ志望届を提出したが指名されず、富士重工業に入社。
沼田拓巳  ぬまた・たくみ1994.3.4愛知県ヤクルト8巡目
球 歴森孝中→大垣日大高→名古屋産大中退→エディオン愛工大OB→米国1A→BCL群馬・石川投 手 右右
経 歴森孝東小5年で野球を始める。大垣日大高時代は葛西侑也の控えで、3年夏も背番号19で県大会では登板できなかった。名古屋産大に進学したが1年で中退、2013年エディオン愛工大OBに入団して1年目から活躍、クラブ選手権でも登板した。同年9月にドジャースとマイナー契約したが、選手登録を抹消していなかったため問題となる。翌14年4月から1Aでプレーしたのち、2015年7月に帰国してBCL群馬に入団。2017年石川に移籍。
馬場皐輔  ばば・こうすけ1995.5.18宮城県阪神1巡目
球 歴塩釜三中→仙台育英高→仙台大投 手 右右
経 歴塩釜三小3年でリトルリーグの塩釜ドラゴンズに入る。塩釜三中時代は七ヶ浜シニアでプレーした。仙台育英高では2年秋に背番号10でベンチ入りし、3年春夏連続して甲子園に出場。仙台大では1年春からリーグ戦に登板し、初勝利もあげる。3年秋には153kmをマーク、4年秋には対東北大戦で17奪三振をマーク、37イニングで60奪三振を記録してベストナインにも選ばれた。リーグ通算15勝。
平岡敬人  ひらおか・たかと1995.8.6兵庫県広島6巡目
球 歴神河大河内中→育英高→中部学院大投 手 右右
経 歴神河寺前小2年で野球を始め、大河内中時代も軟式でプレーした。育英高では1年秋に背番号11の控え投手として近畿大会に出場。中部学院大では1年秋からリーグ戦に登板。3年春に右肩を痛めて秋は登板できなかったが、4年春に復帰。リーグ通算3勝。
広沢伸哉  ひろさわ・しんや1999.8.11大分県オリックス7巡目
球 歴青山中→大分商内野手 右右
経 歴小2で野球を始める。大分商では2年秋から遊撃手のレギュラーとなる。
福田周平  ふくだ・しゅうへい1992.8.8大阪府オリックス3巡目
球 歴鳥取中→広陵高→明大→NTT東日本内野手 右左
経 歴小1年で野球を始め、鳥取中時代は泉佐野ボーイズでプレーした。広陵高では1年秋から遊撃手のレギュラー。2年秋からは二塁手で1番を打って主将をつとめ、3年春夏甲子園に出場。明大では2年春から二塁手のレギュラーとなり、3年春からは遊撃手で1番を打った。4年夏は大学日本代表の主将。NTT東日本でも1年目から遊撃手のレギュラーとなる。
藤岡裕大  ふじおか・ゆうだい1993.8.8岡山県ロッテ2巡目
球 歴操南中→岡山理大付高→亜細亜大→トヨタ自動車内野手 右左
経 歴岡山操明小で軟式野球を始める。操南中時代はヤングリーグ赤磐で内野手としてプレーした。岡山理大付高時代では1年秋に三塁手のレギュラーとなり、3年からは投手もつとめた。亜細亜大でーも1年春から三塁手としてリーグ戦に出場、3年秋に打率.436で首位打者を獲得。ベストナイン3回。2年と4年で大学日本代表に選ばれる。リーグ通算104安打、7本塁打。トヨタ自動車では1年目から外野手として活躍し、2年目の2017年遊撃手に転向。
本田仁海  ほんだ・ひとみ1999.7.27神奈川県オリックス4巡目
球 歴つきみ野中→星槎国際湘南高投 手 右左
経 歴北大和小1年で野球を始め、5年で投手となる。つきみ野中では軟式でプレーした。星槎国際湘南高では1年春の県大会からベンチ入りし、2年春からエース。3年春の県大会ではベスト4に進出。
牧丈一郎  まき・じょういちろう1999.9.23京都府阪神6巡目
球 歴下鴨中→啓新高投 手 右左
経 歴松ヶ崎小3年で軟式野球を始めて捕手となり、6年で投手に転向。下鴨中時代は京都嵐山ボーイズでプレーし、3年のときNOMOジャパンメンバーに選ばれる。啓新高に進学し、1年秋からベンチ入り。2年秋にエースとなる。
増田 珠  ますだ・しゅう1999.5.21長崎県ソフトバンク3巡目
球 歴長崎淵中→横浜高外野手 右右
経 歴稲佐小1年でソフトボールを始めて投手となり、九州大会準優勝。淵中時代は長崎リトルシニアで投手兼センターとしてプレーし、15UW杯では日本代表の4番を打った。横浜高では1年春からベンチ入りし、夏には3番を打って甲子園に出場。3年春からは4番を打って夏には甲子園に出場、U18日本代表にも選ばれた。。
松本直樹  まつもと・なおき1993.10.17香川県ヤクルト7巡目
球 歴香川大坂出中→丸亀高→立教大→西濃運輸捕 手 右右
経 歴坂出金山小で軟式野球を始め、香川大坂出中でも軟式でプレーした。丸亀高では3年夏に県大会準優勝。立教大では控え捕手。
宮台康平  みやだい・こうへい1995.7.1神奈川県日本ハム7巡目
球 歴戸塚中→湘南高→東大投 手 左左
経 歴戸塚小3年で野球を始め、5年で投手となる。戸塚中時代は外野手兼投手。湘南高では3年春の県大会でベスト8。夏は県大会3回戦で敗退。現役で東大文Ⅰ(法学部)に進学、1年秋からリーグ戦に登板。2年秋にリーグ戦初勝利をあげた。3年では日米大学野球代表に選ばれて150kmを記録、年間3勝をマークした。リーグ通算5勝。
宮本秀明  みやもと・しゅうめい1996.7.24熊本県DeNA7巡目
球 歴八代五中→秀岳館高→パナソニック内野手 右左
経 歴八代高田小で軟式野球を始める。八代五中時代は熊本南シニアでプレーした。秀岳館高では春の九州大会に出場した。パナソニックでは2年目から活躍。
宮本 丈  みやもと・たけし1995.4.3大阪府ヤクルト6巡目
球 歴豊中七中→履正社高→奈良学園大内野手 右左
経 歴豊中庄内西小で軟式野球を始める。豊中七中時代は淀川ボーイズでプレーした。履正社高では2年春と3年春に甲子園に出場。奈良学園大では1年春からリーグ戦に出場。3年春は打率.556で首位打者を獲得。1年秋から5季連続ベストナイン。
村上海斗  むらかみ・かいと1995.7.7京都府巨人7巡目
球 歴泉ヶ丘中→北照高→奈良学園大外野手 右右
経 歴井手小で軟式野球を始める。泉ヶ丘中時代は京都南山城ボーイズでプレーした。北照高では外野手兼投手で、2年春と3年春夏甲子園に出場。奈良学園大では2年春からリーグ戦に出場。
村上宗隆  むらかみ・むねたか2000.2.2熊本県ヤクルト1巡目
球 歴熊本長嶺中→九州学院高捕 手 右左
経 歴託麻南小4年で野球を始め、内野手となる。中学時代は熊本東リトルシニアでプレーし、捕手に転向。九州学院高では1年春から一塁手で4番を打つ。夏の県大会の初打席対東稜高戦で満塁ホームランを打ち、甲子園にも4番一塁手として出場。秋からは捕手で3番を打つ。高校通算51本塁打。
安田尚憲  やすだ・ひさのり1999.4.15大阪府ロッテ1巡目
球 歴吹田豊津中→履正社高内野手 右左
経 歴豊津一小1年で野球を始める。豊津中時代は赤星憲広がオーナーのチームでプレーした。履正社高では1年夏からベンチ入りし、冬から4番を打つ。2年秋からは三塁手で3番。高校通算65本塁打。
山足達也  やまあし・たつや1993.10.26大阪府オリックス8巡目
球 歴蹉跎中→大阪桐蔭高→立命館大→ホンダ鈴鹿内野手 右右
経 歴蹉跎西小で軟式野球を始める。蹉跎中時代はオール枚方ボーイズでプレー。大阪桐蔭高高では1年秋から外野手のレギュラーとなる。立命館大では1年春からリーグ戦に出場。3年春からショートのレギュラーとなり、3年・4年と大学日本代表。ベストナイン2回。リーグ通算.297.プロ志望届を提出したが指名されず、ホンダ鈴鹿に入社。1年目から1番打者として活躍。
山口 翔  やまぐち・しょう1999.4.28熊本県広島2巡目
球 歴熊本日吉中→熊本工投 手 右右
経 歴熊本生まれで広島に転じ、落合東小4年で軟式野球を始める。6年の時に熊本に戻り日吉小でも軟式でプレー。日吉中時代も軟式でプレーした。熊本工では1年秋に背番号10でベンチ入りし、2年春からエース。3年春には甲子園に出場した。夏の県大会1回戦対人吉高戦では151kmをマーク。
山崎 剛  やまさき・つよし1995.12.29福岡県楽天3巡目
球 歴福岡原中→日章学園高→国学院大内野手 右左
経 歴飯倉小3年で軟式野球を始める。原中時代はフレッシュリーグの城南サンボーイズで二塁手としてプレーした。日章学園高では1年秋に二塁手のレギュラーとなる。3年夏は県大会3回戦で敗退。国学院大では1年秋からリーグ戦に出場、2年春に二塁手のレギュラーとなり、打率.400で首位打者を獲得、4年夏は日米大学選手権代表にも選ばれる。リーグ史上24人目、国学院大として初のリーグ通算100安打を達成。
山本大貴  やまもと・だいき1995.11.10北海道ロッテ3巡目
球 歴札幌信濃中→北星学園大付高→三菱自動車岡崎投 手 左左
経 歴札幌信濃小3年で野球を始め、札幌信濃中時代は江別リトルシニアでプレーし、全国大会にも出場。北星学園大付高3年夏は地区大会3回戦で札幌琴似工から延長12回15三振を奪いながら敗れた。プロ志望届を提出したが指名されず、三菱自動車岡崎に入社し、4年目の2017年から活躍。
山本拓実  やまもと・たくみ2000.1.31兵庫県中日6巡目
球 歴宝塚一中→市西宮高投 手 右右
経 歴仁川小1年で軟式野球を始める。市西宮高で内野手から投手となり、1年秋からベンチ入り、3年夏の県大会2回戦対県伊丹高戦では148kmをマークした。
山本祐大  やまもと・ゆうだい1998.9.11大阪府DeNA9巡目
球 歴大正東中→京都翔英高→中部学院大中退→BCL滋賀捕 手 右右
経 歴泉尾北小で野球を始める。大正東中時代は大正シニアでプレーした。京都翔英高ではセンターで5番を打ち、3年夏に甲子園に出場。中部学院大に進学したが、すぐに中退して5月にBCL滋賀に入団、1年目から出場。
湯浅 大  ゆあさ・だい2000.1.24群馬県巨人8巡目
球 歴富岡西中→高崎健大高崎高内野手 右右
経 歴富岡西中時代は富岡ボーイズでプレーした。高崎健大高崎高ではショートで1番を打ち、主将をつとめた。170cmと小柄。67試合で68盗塁という駿足で注目される。
与座海人  よざ・かいと1995.9.15沖縄県西武5巡目
球 歴浦添中→沖縄尚学高→岐阜経済大投 手 右右
経 歴浦添前田小1年で軟式野球を始める。浦添中時代も軟式でプレーした。沖縄尚学高では2年秋にベンチ入りし、3年春夏控え投手として甲子園に出場。岐阜経済大でアンダーハンドに転向し、1年春からリーグ戦に出場。2年春からは先発投手として活躍し、4年夏の大学選手権では石巻専修大を1安打完封して注目を集めた。
吉住晴斗  よしずみ・はると2000.3.12山形県ソフトバンク1巡目
球 歴鶴岡二中→鶴岡東高投 手 右右
経 歴鶴岡朝暘五小3年で野球を始める。鶴岡二中時代は軟式でプレーし、3年で外野手から投手に転向。鶴岡東高では1年秋からベンチ入り。2年夏には背番号11の控え投手となり、甲子園でも登板。3年夏はエースとなるが、県大会3回戦で敗退。
若林晃弘  わかばやし・あきひろ1993.8.26東京都巨人6巡目
球 歴中野九中→桐蔭学園高→法政大→JX-ENEOS内野手 右両
経 歴中野桃園三小でボーイズリーグ世田谷に入る。中野九中時代は目黒西シニアで投手としてプレーした。桐蔭学園高では3年夏に遊撃手として県大会ベスト4。法政大では3年秋に外野手に転向。JX-ENEOSに入社して2年目に三塁手に転じた。
渡辺啓太  わたなべ・けいた1993.9.13福島県ロッテ5巡目
球 歴湯本一中→いわき光洋高→神奈川工大→NTT東日本投 手 右右
経 歴湯本三小で軟式野球を始める。湯本一中時代はいわきボーイズでプレーした。いわき光洋高では3年夏に県大会ベスト4。神奈川工大ではリーグ通算16勝16敗、防御率2.53。NTT東日本では1年目から先発投手として活躍。
渡辺佑樹  わたなべ・ゆうき1995.11.8山梨県楽天4巡目
球 歴下吉田中→富士学苑高→横浜商大投 手 左左
経 歴下吉田東小で軟式野球を始める。下吉田中時代も軟式でプレーした。横浜商大では4年春にベストナイン。