2017年注目の高校野球選手  OFFICE MORIOKA ドラフト2017

選手名学 校出身中位置利腕寸  評
北海道
高杉勝太郎東海大札幌高東海大四中投 手右右東海大四中時代は札幌南シニアでプレー。東海大札幌高では2年春からペンチ入りし、秋からエース。
工藤稜太駒大苫小牧高登別幌別中投 手右右1年秋の室蘭支部予選1回戦対苫小牧西高戦で5回参考ながらノーヒットノーランを達成。
青森県
古屋敷匠真八戸工大一高東北中投 手右左蛯沢小3年で野球を始める。東北中時代は軟式でプレーした。八戸工大一高では1年春からベンチ入り。3年春の県大会で150kmをマーク。
宮城県
長谷川拓帆仙台育英高秋田桜中
(秋田県)
投 手左左桜小3年で野球を始め、6年で楽天ジュニアに入る。桜中時代は軟式でプレーし、全国大会に出場。仙台育英高では2年春からベンチ入り、秋にはエースとして県大会24イニング無失点。東北大会でも優勝した。
佐藤隼輔仙台高広瀬中投 手左左小4で野球を始める。広瀬中時代は軟式でプレーし、東北大会準優勝。仙台高では1年夏からベンチ入り。3年夏の県大会1回戦対名取北高戦では18奪三振で完封。
福島県
尾形崇斗学法石川高富谷二中
(宮城県)
投 手右右 
茨城県
陶山勇軌常総学院高鶴見中
(神奈川県)
外野手右左小2で野球を始める。鶴見中時代は東京城南ボーイズでプレーした。常総学院高では1年春の県大会に2番レフトで出場。
藤田彪吾笠間高岩間中投 手右右小6で野球を始める。笠間高では3年春の県大会地区予選対水戸桜の牧常北高戦で26奪三振を記録して注目を集めた。その後肩と肘を痛め、夏は県大会初戦で敗退。
栃木県
大関秀太郎作新学院高陽南中投 手左左横川西小2年で野球を始める。陽南中時代は上三川ボーイズでプレーした。作新学院高では1年秋からベンチ入り、2年夏の県大会では背番号11で登板したが、全国制覇した甲子園ではベンチ外。秋にはエースとなり、関東大会で優勝。
石川 翔青藍泰斗高赤塚一中
(東京都)
投 手右左北野小2年で東板橋リトルに入り、外野手となる。5年から投手。赤塚一中では板橋シニアでプレーし、外野手兼投手。青藍泰斗高では2年春から外野手兼投手となり、関東大会に出場。秋にはエースとなり県大会ベスト4。3年夏は4番を打つ。母はフィリピン人。
北浦竜次白鴎大足利高厚崎中投 手左左共英小2年で野球を始め投手となる。厚崎中時代は大田原ボーイズで投手としてプレーした。白鴎大足利高ではエースで4番。通算26本塁打。
群馬県
山上信吾常磐高太田綿田中投 手右右小1で軟式野球を始める。綿田中時代も軟式で投手兼外野手としてプレー。常磐高では遊撃手をつとめた後、2年春から投手に専念。
皆川喬涼前橋育英高館林四中投 手右右小1で軟式野球を始めて内野手となり、6年で投手に転向。館林四中時代も軟式で投手兼内野手としてプレー。前橋育英高では2年夏と3年春に外野手兼投手として甲子園に出場。夏にはエースとなり、県大会4回戦対高崎商大付高戦では149kmをマークした。
埼玉県
メンディス海市立川越高 投 手左左小2で野球を始める。市立川越高では2年夏の県大会4回戦で浦和学院高を5安打完封して注目を集めた。3年夏は4県大会4回戦で北本高から14三振を奪うも敗退。
布川雄大武南高川口芝中投 手右右芝西小で軟式野球を始める。芝中時代も軟式でプレー。武南高では1年夏からベンチ入りし、秋にはエースとなる。3年春の県大会南部予選で好投して注目を集め、県大会1回戦の上尾高戦では146kmをマークした。
清水達也花咲徳栄高 投 手右右 
三上ケビン叡明高谷塚中外野手右右小4でサッカーから野球に転向。谷塚中時代は軟式でプレーした。父はガーナ人。
千葉県
吉野海都習志野高芝山中外野手右右芝山西小で野球を始める。芝山中時代は佐倉シニアでプレーし、3年のとき日本選手権で優勝。習志野高では1夏から4番を打つ。
峯村貴希木更津総合高 内野手 中学時代は佐倉シニアでプレーし、3年のとき日本選手権で優勝。木更津総合高では1年夏から6番を打つ。
金久保優斗東海大
市原望洋高
八千代台西中投 手右左八千代台小1年で軟式野球を始める。八千代台西中時代は佐倉シニアでプレーし、3年のとき日本選手権で優勝。東海大市原望洋高では1年秋にベンチ入りし、2年秋からエースで4番を打つ。
川上鳳之専大松戸高 投 手右右 
東京都
清宮幸太郎早 実早実中内野手右左早実初等部4年で北砂リトルに入り、投手兼内野手となる。中等部1年のとき全日本メンバーとして米国遠征。調布シニアでも台湾に遠征した。調布シニアでは一塁手に専念。早実では入学直後にレギュラーとなり、春季大会準々決勝の関東一高戦で公式戦初ホームランを打った。高校通算105本塁打。父はラグビーの名選手清宮克幸
岡崎 心帝京高中野緑野中外野手右左幼稚園年長から軟式野球を始める。中学時代は青山リトルシニアでプレーし、3年の時ライトで1番を打って全国大会3位。帝京高に進学し、1年の5月で外野手のレギュラー、夏には4番となり、東東京大会ではホームランも打った。3年夏は背番号16。
金成麗生日大三高相陽中
(神奈川県)
内野手左左新磯小で野球を始める。相陽中時代は相模ボーイズでプレーした。日大三高では2年夏まで投手で、秋に一塁手に転向してレギュラーとなり、3年選抜には4番打者として出場。高校通算26本塁打。193cmの長身。
桜井周斗所沢東中
(埼玉県)
内野手左左所沢牛沼小で野球を始め投手となる。所沢東中時代は新座シニアでプレーし、関東大会に出場。日大三高では1年秋から外野手のレギュラーとなり、2年夏からは投手も兼任。秋には背番号8のままエースとして東京都大会で優勝して、3年選抜では背番号1で出場。高校通算31本塁打。
米原大地八王子高石神井西中投 手右右石神井西中時代は武蔵府中シニアでプレーし、全国選抜大会優勝。八王子高では1年夏からベンチ入り、2年夏には甲子園初出場果たした。
高橋 晴関東第一高荒川一中投 手右右中学時代は江戸川中央シニアでプレーした。関東第一高では2年春にベンチ入り、夏には甲子園に出場したが、登板はできなかった。秋からはエース。
ブライト健太都立葛飾野高 内野手 高校通算38本塁打。父はガーナ人。
神奈川県
増田 珠横浜高長崎淵中
(長崎県)
内野手右右稲佐小1年でソフトボールを始めて投手となり、九州大会準優勝。淵中時代は長崎リトルシニアで外野手としてプレーし、15UW杯では日本代表の4番を打った。横浜高では1年春からベンチ入りし、夏には3番を打つ。3年春からは4番。
本田仁海星槎国際湘南高つきみ野中投 手右左北大和小1年で野球を始め、5年で投手となる。つきみ野中では軟式でプレーした。星槎国際湘南高では1年春の県大会からベンチ入りし、2年春からエース。3年春の県大会ではベスト4に進出。
新潟県
菊地大希佐渡高真野中投 手右左真野小で軟式野球を始める。真野中時代も軟式でプレーし、離島甲子園に出場。佐渡高では2年春から活躍。
綱島龍生糸魚川白嶺高糸魚川中内野手 ショートで3番を打つ。
石川県
清水力斗星稜高志雄中投 手右右樋川小3年で野球を始める。志雄中時代は軟式でプレーした。星稜高では1年夏にベンチ入り、秋にはエースとなる。2年春には北信越大会で優勝したが、右肘靭帯を故障して、夏は背番号11で甲子園に出場。
柳橋巧人金沢西高大徳中投 手右左中学時代は石川ボーイズで外野手兼投手としてプレー。金沢西高では1年秋にベンチ入りし、2年からエース。3年夏の県大会1回戦対能登高戦で石川県初の完全試合を達成。
福井県
上中尾真季敦賀気比高春江中投 手左左小2で野球を始める。春江中3年の時、U15W杯日本代表に選ばれた。敦賀気比高に進学し、1年春の県大会から登板。
山岸 旭工大福井高小浜中外野手右右小浜小3年で若狭ボーイズに入る。小浜中時代も同チームで捕手をつとめた。工大福井高に進学して外野手に転向。
牧丈一郎啓新高下鴨中
(京都府)
投 手右左松ヶ崎小3年で野球を始めて捕手となり、6年で投手に転向。下鴨中時代は京都嵐山ボーイズでプレーした。啓新高に進学し、1年秋からベンチ入り。2年秋にエースとなる。
山梨県
沖野谷翔太東海大甲府高入間中
(埼玉県)
内野手右右入間中時代は所沢中央シニアで二塁手で4番を打った。東海大甲府高では1年春の関東大会に背番号16ながら二塁手として出場
吉松 塁山梨学院高日の出中
(千葉県)
投 手左左日の出南小で野球を始める。日の出中時代は浦安シニアでプレーした。山梨学院高では1年春からベンチ入りし、2年夏には背番号11ながら甲子園で2試合に先発。
長野県
青柳真珠松商学園高丘 中投 手  
永田樹希也創造学園高住之江中
(大阪府)
捕 手右右中学時代は浜寺ボーイズでプレー。高校通算24本塁打。
岐阜県
石川隼也大垣日大高安城桜井中
(愛知県)
投 手左左桜井小時代はソフトボール選手。桜井中時代は三河安城シニアで投手となり、2年夏、3年夏と全国大会に出場、3年ではジャイアンツカップにも出場した。大垣日大高では2年夏からエース。
大滝竜弥岐阜各務野高 投/外左左 
静岡県
佐々木健小笠高浜岡中投 手右右黒潮第一小1年で野球を始める。浜岡中時代は軟式でプレーした。小笠高では1年秋にベンチ入りし、3年春からエース。夏の県大会1回戦対浜松城北工戦で15奪三振を記録して注目を集める。189cmの長身。
池谷蒼大静岡高積志中投 手左左積志小2年で軟式野球を始め、積志中時代も軟式でプレーした。静岡高では1年秋からベンチ入り。2年秋の東海大会で優勝し、3年春に選抜に出場。夏の県大会4回戦対浜松北高戦では18奪三振を記録。
三重県
岡林飛翔菰野高久保中投 手右右徳和小4年で松阪リトルに入り、久保中1年のとき全国大会準優勝。その後はヤングリーグ三重でプレーした。菰野高では2年春にベンチ入りし、秋の県大会で151kmをマークした。3年夏の県大会で4本塁打を打つなど、 高校通算26本塁打。
大阪府
香川麗爾大阪桐蔭高 投 手右右中学時代は毎週徳島から神戸まで通って神戸中央シニアでプレー。大阪桐蔭高に進み、1年夏の府大会には投手として登板。高校通算2本塁打。
安田尚憲履正社高豊津中内野手右左豊津一小1年で野球を始める。豊津中時代は赤星憲広がオーナーのチームでプレーした。履正社高では1年夏からベンチ入りし、冬から4番を打つ。2年秋からは三塁手で3番。高校通算61本塁打。
若林将平都島中外野手右右都島小で野球を始める。都島中時代は大淀ボーイズでレフト兼捕手。履正社高では2年夏の甲子園に背番号13で出場。秋からはレフトで4番を打って主将。近畿大会では2本塁打を打った。
植田健人興国高平群中
(奈良県)
投/外右左小3で野球を始め、投手兼遊撃手。平群時代は生駒中央ボーイズで投手兼一塁手としてプレーした。興国高では1年夏に背番号19でベンチ入りし、秋からエース。投げない試合は3番ライトで出場する。高校通算13本塁打。
中野翔哉交野二中内野手右右郡津小3年で方のボーイズに入り、投手となる。交野二中時代は交野シニアで内野手として全国大会ににも出場。興国高では1年秋に三塁手のレギュラーとなる。3年の春季大会4試合で満塁ホームラン2本を含む5本塁打を放って注目を集めた。高校通算15本塁打。
宮本大勢大体大浪商高浜寺南中投 手左左浜寺小1年で軟式野球を始める。浜寺南中でも軟式でプレーした。大体大浪商高では1年秋からベンチ入り。3年夏の府大会4回戦の対槻の木高戦では5回参考ノーヒットノーランを記録。
浅井一樹汎愛高上町中内野手右左中央小2年で軟式野球を始める。上町中時代はボーイズリーグの大阪東ジャガーズでプレーした。汎愛高では1年秋に三塁手のレギュラーとなり、1回戦の対PL学園高戦で延長11回サヨナラホームラン、準々決勝の対大阪桐蔭高戦では高山からホームランを放っている。3年夏の府大会では4回戦の浪速高戦から5回戦の上宮太子戦にかけて、3打席連続ホームランを記録。高校通算16本塁打。
兵庫県
猪田和希神戸国際大付高瓦木中外野手左右高木小で野球を始める。瓦木中時代は兵庫伊丹ヤングでプレーし、ジャイアンツカップに出場。神戸国際大付高に進学し、2年夏に背番号20ながらレフトで4番を打った。高校通算27本塁打。
高松 渡滝川二高浜の宮中内野手左右尾上小1年で野球を始め、遊撃手兼外野手。浜の宮中時代は軟式でプレーした、滝川二高に進学し、1年秋に外野手のレギュラーとなる。50m5秒9の俊足。
東 晃平神戸弘陵高 投 手  
山本拓実市西宮高宝塚一中投 手右右仁川小1年で軟式野球を始める。市西宮高で内野手から投手となり、1年秋からベンチ入り、3年夏の県大会2回戦対県伊丹高戦では148kmをマークした。167cmと小柄。
稲富宏樹三田松聖高友呂岐中捕 手右左寝屋川木屋小5年で野球を始め、投手となる。友呂岐中時代は東淀川ボーイズでプレーした。三田松聖高では1年春から背番号16でベンチ入り。高校通算12本塁打。
奈良県
福元悠真智弁学園高聖徳中外野手右右明日香小時代は内野手としてプレー。聖徳中時代は奈良葛城ボーイズでプレーした。智弁学園高では1年秋にベンチ入り、2年選抜では4番を打って、開幕試合の対福井工大福井高戦ではホームランも放った。
神野太樹天理高桜山中
(愛知県)
外野手右右松栄小時代は中京ボーイズで投手兼外野手。桜山中時代は知多ボーイズでプレーした。天理高では1番を打つ。
和歌山県
中川虎大箕島高貴志中投 手 3年夏の県大会1回戦対和歌山高専戦で147kmをマーク。
岡山県
斎藤寛太玉野光南高笠岡西中投 手右右大井小2年でソフトボールを始める。笠岡西中時代は金光ボーイズでプレーし、2年のときエースとして西日本大会に出場。玉野光南高では2年秋の県大会で148kmを記録した。
物部大輝関西高桑田中投 手右右鹿田小1年で野球を始めて投手となる。桑田中時代はヤングリーグの岡山でプレーし、3年のときエースとして全国大会優勝。関西高では1年春からベンチ入りし、秋に一塁手のレギュラー。2年夏には4番を打ち、秋にエースとなる。
広島県
中村奨成広陵高大野東中捕 手右右廿日市大野東小1年で軟式野球を始め、保守となる。大野東中時代は大野シニアでプレーした。広陵高では1年夏から正捕手となる。高校通算37本塁打。
徳島県
森井絃斗板野高加茂名中投 手右右加茂名南小2年で軟式野球を始め、6年のときに捕手から投手に転向。加茂名中時代は徳島中央シニアでプレーした。板野高では1年夏から登板し、秋にはエースとなったが、2年春に右ひじを手術。外野手を経て、秋には投手として復帰した。3年春の県大会1回戦対小松島高戦で150kmを出して注目を集めた。
折下光輝新野高阿南一中投 手右右 
愛媛県
篠崎 康帝京五高宇和島城北中捕 手右右宇和島和霊小3年でソフトボールを始める。城北中時代は北宇和島ボーイズで4番捕手としてプレーした。帝京五高では1年秋からベンチ入り、2年春から正捕手となる。秋の四国大会では4番を打って準優勝した。
八塚凌二済美高新居浜南中投 手右右金栄小1年で新居浜リトルに入る。新居浜南中時代は新居浜シニアで投手兼遊撃手としてプレーした。中学時代に肘を故障したため、済美高では外野手となり、1年秋にベンチ入り。2年秋に投手に復帰した。
高知県
西浦颯大明徳義塾高鏡 中
(熊本県)
外野手右左鏡西部小3年で野球を始める。鏡中時代は熊本北シニアで外野手としてプレーし、U15日本代表。明徳義塾高に進学し、1年春から外野手のレギュラーとなり、春季四国大会では3番を打ったが、夏の甲子園ではベンチ外。2年夏に一塁手で3番を打って出場、3回戦の嘉手納高戦では満塁ホームランを打った。秋からはライトで4番を打つ。
福岡県
三浦銀二福岡大大濠高筑紫丘中投 手右右筑紫丘小3年で野球を始める。筑紫丘中時代は軟式でプレーした。福岡大大濠高では1年秋からベンチ入り。2年秋の九州大会では2回戦から準決勝まで3試合連続完封した。
古賀悠斗筑山中捕 手右右筑紫小2年で野球を始め、6年の時投手として九州大会で優勝。福岡大大濠高では1年夏に三塁手で5番を打ち、2年春には遊撃手として九州大会優勝。同年夏は県大会初戦で敗れ、秋に捕手に転向。高校通算50本塁打。
末広篤弥常磐高南陵中投 手右右田原小1年でソフトボールを始める。田原中時代はフレッシュリーグの北九州で一塁手兼投手としてプレーした。常磐高では2年夏から県大会に登板、秋にエースとなる。
高木 渉真颯館高田原中投/外右左福田小1年でソフトボールを始める。真颯館高では1年春から一塁手のレギュラーとなり、2年春からエース。夏には4番も打った。3年夏はレフト兼控え投手。高校通算27本塁打。
熊本県
村上宗隆九州学院高長嶺中捕 手右左託麻南小4年で野球を始め、内野手となる。中学時代は熊本東リトルシニアでプレーし、捕手に転向。九州学院高では1年春から一塁手で4番を打つ。夏の県大会の初打席対東稜高戦で満塁ホームランを打ち、甲子園にも4番一塁手として出場。秋からは捕手で3番を打つ。高校通算51本塁打。
川端健斗秀岳館高木津中
(京都府)
投 手左左小3で野球を始める。木津中時代は南都ボーイズで控え投手。秀岳館高では1年秋の九州大会からベンチ入りし、2年選抜でも登板。
田浦文丸平野中
(福岡県)
投 手左左小1で軟式野球を始める。平野中時代は糸島ボーイズで投手兼外野手としてプレーした。秀岳館高では2年春の甲子園に出場、3年選抜ではエースとなる。
山口 翔熊本工日吉中投 手右右小4で広島に転じ、落合東小で野球を始める。6年の時に熊本に戻り日吉小では軟式でプレー。日吉中時代も軟式でプレーした。熊本工では1年秋からベンチ入りし、2年春からエース。3年夏の県大会1回戦対人吉高戦では151kmをマーク。
大分県
田中瑛斗柳ヶ浦高中津中投 手右左小楠小2年で野球を始め、遊撃手となる。中津中では軟式でプレーし、2年秋から投手を兼任。柳ヶ浦高では1年秋に背番号10でベンチ入りし、2年秋からエース。3年夏の県大会2回戦対三重総合高戦で147kmをマーク。
杉園大樹明豊高 内野手右右 
宮崎県
森遼太朗都城商五十市中投 手右左五十市小4年で野球を始める。五十市中時代は軟式でプレー。都城商では1年春に背番号10でベンチ入りし、2年秋からエース。
藤谷勇介延岡学園高福川中投 手右右福川南小1年で野球を始め、5年から投手。福川中時代は軟式でプレー。延岡学園高では1年夏から公式戦に登板。兄は藤谷洸介(阪神)。
沖縄県
平良海馬八重山商工石垣中投 手右左真喜良小1年で野球を始める。石垣中時代は八重山ポニーズで全国大会に出場。八重山商工では1年夏から外野手兼投手として出場、2年夏には県大会ベスト8に進んだが、3年春は部員不足で宮古工との合同チームで出場した。夏は単独チームで出場したが、県大会開幕戦で首里高と対戦して0-1で惜敗した。打撃もよく、高校通算20本塁打。