2018年注目の高校野球選手  OFFICE MORIOKA ドラフト2018

選手名学 校出身中位置利腕寸  評
青森県
桜庭佑希弘前東高黒石中外野手 センターで4番を打つ。2年秋の県大会では3試合連続ホームラン。高校通算33本塁打。
茨城県
竹川大稀常磐大高下妻南中外野手右左大田小2年でで野球を始め、外野手となる。下妻南中時代は小山ボーイズでプレーした。常磐大高では1年春からベンチ入り、夏には背番号17ながら、レフトで2番を打った。
埼玉県
米倉貫太埼玉栄高浮羽中
(福岡県)
投 手右右うきは美幸小で軟式野球を始める。浮羽中時代は浮羽ボーイズでプレーした。
渡部壮大浅川中
(福岡県)
捕 手右右小5で野球を始める。浅川中時代は硬式の北九州若松アンビシャスでプレーし、2年で捕手となる。3年では九州大会優勝。埼玉栄高では1年夏に4番捕手として出場。
野村佑希花咲徳栄高伊勢崎境西中
(群馬県)
外/投右右伊勢時境剛志小で軟式野球を始める。境西中時代は太田市シニアでプレーした。
蛭間拓哉浦和学院高 内野手左左中学時代は前橋桜ボーイズでプレー。浦和学院高では1年から4番を打つ。
千葉県
大谷拓海中央学院高 投 手右左小2でで野球を始め、中学時代は船橋シニアでプレーした。中央学院高では1年春から外野手として出場し、秋から投手となる。2年秋からはエースで4番。
東京都
野村大樹早 実同志社中内野手右右宝塚小で軟式野球を始める。同志社中時代は大阪福島シニアで三塁手としてプレー。3年では捕手もつとめ、全国大会3位となって、U15日本代表に選ばれた。早実に進学し、春季関東大会から4番を打つ。夏は初戦の啓明学園高で公式戦初本塁打。高校通算23本塁打。
西村達貴日大豊山高 内野手右左小3で野球を始めるが、4年のときに父の転勤で米国に移り、中学時代は地元の公式チームでプレーした。高校入学に際して単身帰国し、日大豊山高に入学。1年夏には二塁手のレギュラーとして出場、対岩倉高戦では公式戦初本塁打を放った。
松沢海渡帝京高東 中投 手右右東小で野球を始める。東中時代は軟式でプレーし、全国大会ベスト16となり、U15日本代表に選ばれた。帝京高に進学し、1年夏からベンチ入り。
神奈川県
万波中正横浜高開進二中
(東京都)
外野手右右開進二小2年で野球を始め、一塁手兼投手となる。開進二中時代は東練馬シニアで投手兼外野手としてプレーし、3年のとき全国大会4位。横浜高では1年春から6番ライトで県大会に出場。秋には4番を打ち、県大会では投手としても登板。父はコンゴ人。
森下翔太東海大相模高 外野手右右小学校時代は軟式で投手としてプレー。中学時代は戸塚シニアで4番三塁手としてプレーした。東海大相模高で外野手に転向し、1年夏の県大会では4番を打つ。
松下壮悟星槎国際
湘南高
成瀬中内野手右左成瀬小2年で軟式野球を始め、成瀬中時代は伊勢原リトルシニアでプレー。投手から一塁手に転向し、3年春には関東大会に出場。星槎国際湘南高では1年春から一塁手で4番を打つ。
新潟県
先川大智日本文理高猿橋中内野手右右住吉小1年で野球を始め、投手となる。猿橋中時代は軟式で捕手としてプレーした。日本文理高では1年春から三塁手のレギュラーとなり、夏は6番を打つ。
富山県
山田龍聖富山商 投 手左左2年夏に甲子園に出場。
福井県
杉森圭輔敦賀気比高鯖江中央中捕 手右右鳥羽小2年で野球を始め、投手兼捕手となる。鯖江中央中時代は鯖江ボーイズで捕手としてプレーし、3年夏にボーイズ全国大会で優勝。敦賀気比高では1年春の県大会で4番を打つ。
山梨県
小野寺瑞生東海大甲府高糀谷中
(神奈川県)
投 手右右6歳でソフトボールを始め、北糀谷小2年で軟式野球を始める。糀谷中時代は狭山西武ボーイズでプレーし、2年夏に川崎中央シニアに転じて投手兼内野手としてプレーした。東海大甲府高では1年春から登板。
渡部雄大亀田中
(北海道)
投 手右右北昭和小1年で野球を始める。亀田中時代は函館港西シニアでプレーし、3年春夏に全国大会に出場。
岐阜県
中神拓都市岐阜商長森南中内野手右右長森南小1年で野球を始める。長森南中時代は軟式でプレーし、3年で三塁手兼投手から捕手に転向。市岐阜商では遊撃手となる。
愛知県
柳本優飛愛工大名電高松原四中
(大阪府)
外野手右左松原北小3年でソフトボールを始め、4年で硬式野球に転向。松原四中時代は松原ボーイズでセンターととしてプレーした。愛工大名電高では1年夏から1番を打つ。
三重県
田中法彦菰野高川越北中投 手右左川越北小1年で野球を始める。川越北中時代はヤングリーグの三重川越で投手兼外野手としてプレーした。菰野高では1年春から登板、秋には一塁手兼投手として3番を打つ。2年秋からはエースで4番。
京都府
小寺智也龍谷大平安高大枝中投 手右右桂坂小1年で野球を始め、捕手兼投手。中学時代には投手に転向し、3年春には全国大会で準優勝。龍谷大平安高では1年夏から背番号20でベンチ入りし、2回戦の京都農芸戦では先発した。秋にはエースとなる。
大阪府
根尾 昂大阪桐蔭高古川中
(岐阜県)
投 手右左河合小2年で野球を始める。古川中時代は飛騨高山ボーイズでプレーし、NOMOジャパンに選ばれる一方、スキー選手としても世界大会に出場。大阪桐蔭高では1年夏から外野手としてベンチ入り。秋の府大会では投手としても登板、近畿大会では遊撃手で4番を打った。
藤原恭大豊中一中外野手左左原田小1年で野球を始める。豊中一中時代は枚方ボーイズでプレーした。大阪桐蔭高では1年夏からセンターのレギュラーとなり、2年選抜では2本塁打。
柿木 蓮多久中央中
(佐賀県)
投 手右右多久北部小2年で野球を始める。多久中央中時代は東松ボーイズでプレーし、3年夏にはボーイズリーグ日本代表のエースをつとめた。大阪桐蔭高では2年選抜でベンチ入りし、秋からはエース。
西山虎太郎履正社高 内野手右左 
兵庫県
小園海斗報徳学園高光が丘中内野手右左逆瀬台小1年で宝塚リトルに入る。光が丘中時代は枚方ボーイズで遊撃手としてプレーし、3年秋にU15代表となる。報徳学園高では1年春の近畿大会から遊撃手のレギュラーとなり、夏には1番を打つ。2年春に選抜に出場。
和歌山県
文元洸成智弁和歌山高緑台中
(兵庫県)
捕/内右右川西陽明小1年で軟式野球を始め、4年で宝塚リトルに転じて投手兼三塁手となり、5年からは捕手としてプレー。緑台中時代は神戸中央シニアでプレーし、3年春に関西大会優勝。智弁和歌山高では1年春の県大会に5番一塁手で出場した。
岡山県
金村尚真岡山学芸館高豊見城中
(沖縄県)
投 手右右上田小3年で野球を始める。豊見城中時代は軟式でプレーし、3年のとき全国優勝。岡山学芸館高では1年夏からベンチ入り。
広島県
門叶直己瀬戸内高 外野手 2年秋の中国大会1回戦対米子松蔭高戦で1イニング2本を含む4本塁打を記録。
福岡県
中村宜聖西日本短大付高大在中
(大分県)
外野手右右大在小1年で野球を始める。大在中時代は明野ボーイズで外野手としてプレーした。西日本短大付高では1年秋からセンターのレギュラーとなる。
大畑功士郎筑陽学園高東光中投 手左左堅粕小4年で軟式野球を始める。東光中時代はフレッシュリーグの筥崎で投手兼内野手としてプレーした。筑陽学園高では2年夏に背番号10ながら実質エースとして登板。秋からはエース。叔父は大畑徹(大洋)
長崎県
川原 陸創成館高三川中投 手左左三原小1年でソフトボールを始め、3年から軟式野球に転向。三川中時代は長崎北リトルシニアでプレーし、3年のときリトルシニア日本代表に選ばれる。創成館高では2年秋の九州大会で活躍。
宮崎県
伊藤光眸宮崎日大高落合中
(広島県)
投 手右右真亀小では広島北リトルでプレー。落合中時代は広島ボーイズでプレーした。宮崎日大高では1年夏からエースとなる。
戸郷翔征聖心ウルスラ学園高 投 手右右2年夏に甲子園に出場。


作成: 森岡浩