2019年注目の高校野球選手  OFFICE MORIOKA ドラフト2018

選手名学 校出身中位置利腕寸  評
岩手県
西舘勇陽花巻東高一戸中投 手右右一戸南小3年で野球を始める。一戸中時代は軟式でプレーし、全国大会に出場。花巻東高では1年夏からベンチ入り、秋の東北大会では背番号17ながら先発投手として活躍。
佐々木朗希大船渡高 投 手 1年夏の初戦盛岡北高戦でリリーフで登板、147kmをマークした。
山形県
伊藤海人酒田南高遊佐中内野手左左5歳で野球を始める。遊佐中時代は軟式でプレーし、3年の時県大会優勝。酒田南高では1年夏に背番号13でベンチ入り。秋には4番を打って県大会で準決勝・決勝と2試合連続ホームラン。
神奈川県
及川雅貴横浜高八日市場二中
(千葉県)
投 手左左八日市場二中時代は匝瑳シニアでプレーし、U15日本代表のエースとして世界大会に出場。横浜高では1年夏に甲子園に登板。
小泉龍之介武生二中
(福井県)
外野手右右小3で軟式野球を始める。武生二中時代は鯖江ボーイズで投手としてプレーし、2年夏に全国制覇。横浜高では1年春からベンチ入り。夏には背番号7で出場。
冨田冬馬桐光学園高横浜橘中投 手左左横浜橘中時代は横浜緑ボーイズでプレー。桐光学園高では1年夏の県大会から登板。秋にはエースとなる。
笠原大祐光明相模原高麻溝台中投 手右右麻溝台中時代は軟式の相武台フレンズでプレー。光明相模原高では公式戦初登板となった1年秋の地区予選対相模原青陵・神奈川総合産戦で5回参考完全試合を達成、翌日の対相模向陽館高戦では5回参考ノーヒットノーランを記録して一躍注目を集めた。
野口裕斗東海大相模高南毛利中投 手左左南毛利中時代は愛甲シニアでプレーし、シニア日本代表として全米選手権で3連覇。東海大相模高では1年春の関東に登板した。168cmと小柄。
岡山県
中村源太岡山大安寺高大安寺中投 手右右中2のとき捕手から投手に転向。大安寺高では1年夏の県大会1回戦対岡山御津高戦で公式戦初登板、県大会史上初の完全試合を達成。
沖縄県
宮城大弥興南高嘉数中投 手左左嘉数中時代は宜野湾ポニーでプレー。興南高では1年夏に背番号11でベンチ入り、県大会決勝では13奪三振。


作成: 森岡浩