栃木県の半券

【栃木地区】
岡田記念館
1997年の半券


代々代官をつとめた岡田家の代官屋敷。

あだち考古館  →公式サイト
1997年の半券


江戸時代末期より呉服類を手広く商う卸問屋に生まれた初代安達幸七が主に蒐集した浮世絵などを展示している博物館。東海道53次の版画がそろっています。
横山郷土館  →公式サイト
1997年の半券

水戸藩士だった横山定助が維新後栃木で商売を初めて成功し、明治時代後半に建てた豪商の建物。登録有形文化財に指定されています。
とちぎ山車館  →観光協会のサイト
1997年の半券

県指定有形民族文化財の山車の保存と展示を兼ねて1995年に開館。



【足利地区】
足利学校  →足利市サイト内の足利学校のページ
2004年の半券

 


【日光地区】
日光東照宮 (日光市)  →公式サイト
2004年の半券


東照宮ではいろいろな種類の入場券を発行していますが、これは東照宮のみの半券です。両サイドをもぎられたため、小振りの半券になっています。写真は国宝の陽明門です。
田母沢御用邸記念公園 (日光市)  →公式サイト
2004年の半券


明治32年に大正天皇の静養地として造成された御用邸。昭和22年に御用邸としては廃止され、平成12年記念公園となり、15年に重要文化財となりました。
上が大人用で、下が小人用の半券。
小杉放菴記念日光美術館 (日光市)  →公式サイト
2004年の半券


 
足尾銅山通洞坑 (日光市)
2015年の半券


足尾地区の足尾銅山跡。
半券ミュージアムに戻る