神奈川県川崎市の半券

川崎市民ミュージアム  →公式サイト
特別展の半券

1988年開館した博物館と美術館の複合施設。通常展示は無料で、特別展のみ有料で半券があります。
左側が2004年の「日本幻獣展」の半券、右側が2007年の「つわものどもの光と影」の半券です。
2014年の半券

2014年の「近代川崎人物伝」の半券。
2017年の半券

2017年の「からくりトリックの世界」の半券。
川崎市岡本太郎美術館  →公式サイト
2007年の半券


岡本太郎の所有していた主要作品352点が寄贈されたのをもとに、1999年に開館した美術館。

東高根森林公園
2003年の駐車券
公園は無料ですが、土日のみ駐車場が有料で利用券が発行されます。
日本民家園


川崎市立の民家園。各地のいろいろな建物が移築されています。
左側が1996年、右側が2011年の半券です。1996年の半券はたいへん縦長のものです。
川崎市青少年科学館  →公式サイト
2004年の半券


2012年の改築以降は、「かわさき宙(そら)と緑の科学館」という通称が使用されています。
切符くらいの小さな半券です
向が丘遊園
1998年冬の招待券
2000年秋の招待券
2000年冬の招待券
2001年春の招待券
 
鷺沼プール


東急鷺沼駅前にあった公共のプールの半券。現在は小学校になっています。
上が2000年の小人用半券、下が2001年の大人用半券です。

半券ミュージアムに戻る