2019年注目の大学野球選手  OFFICE MORIOKA ドラフト2019
選手名所 属出身校位 置利腕寸  評
札幌学生
河村説人星槎道都大白樺学園高投 手右右鵡川中時代は軟式でプレー。白樺学園高では1年秋に控え投手としてベンチ入り。3年春にエースとなり、夏には甲子園に出場した。亜細亜大に進学したが、中退して星槎道都大に移り、2年春からリーグ戦に登板。
北東北大学
村上竜斗青森大黒石商投 手右右中学時代は弘前聖愛シニアでプレーし、黒石商でエースとなる。青森大では2年春からリーグ戦に登板。
仙台6大学
津森宥紀東北福祉大和歌山東高投 手右右楠見小3年で野球を始める。楠見中時代は投手兼三塁手としてプレーした。和歌山東高では1年秋からべンチ入りし、2年でエース。秋には近畿大会に出場した。3年夏は県大会3回戦で敗退。東北福祉大では1年春からリーグ戦に登板。2年春には4勝をあげ、夏からは大学代表として日米大学選手権にも登板。3年夏は大学選手で優勝。
千葉県大学
勝俣翔貴国際武道大東海大菅生高内野手右左箱根の森小で軟式野球を始める。箱根中時代は小田原足柄シニアでプレー。東海大菅生高では2年夏に一塁手で4番を打ち、西東京大会準優勝。秋にはエースとなって都大会を制し、翌年選抜に出場。高校通算25本塁打で、野手として注目される。プロ志望届を提出済したが指名されず、国際武道大に進学して野手に転向した。
東京6大学
竹田和真早 大金沢高投 手右右浜小3年で軟式野球を始める。根上中時代も軟式でプレーし、投手・遊撃手をつとめる。金沢高では2年春に背番号18でベンチ入りし、夏からエース。
加藤雅樹早 実外野手右左つつじが丘北小2年で野球を始める。瑞雲中時代は福生シニアでプレーした。早実では1年春からレフトで1番を打つ。秋には4番を打ち、2年春に捕手に転向した。早大に進学して1年夏に外野手に復帰。
郡司裕也慶応大仙台育英高捕 手右右水の江小で野球を始め、捕手となる。ちはら台南中時代は千葉市シニアでプレーし、3年春に全国大会準優勝。仙台育英高では1年秋からベンチ入りし、2年秋からは佐藤世那(オリックス)とバッテリーを組んで、3年春夏甲子園に出場し、夏は準優勝。U-18日本代表にも選ばれた。慶大では1年春からベンチ入り、秋にはレギュラーとなる。2年春、3年春ベストナイン。リーグ通算8本塁打。
柳町 達慶応高外/内右左新利根中時代は取手シニアで三塁手としてプレー。慶応高では1年春から三塁手のレギュラーとなり、夏からは3番。高校通算30本塁打を記録。慶大では1年春に外野手としてレギュラーとなり、打率.311をマークして慶大初の1年春でのベストナインに選ばれた。
森下暢仁明 大大分商投 手右右明治小3年で軟式野球を始め内野手兼投手。大東中時代も軟式でプレー、3年のとき内野手として全国大会に出場。大分商では1年夏からベンチ入りし、背番号11の控え投手として甲子園にも出場した(未登板)。2年春に外野手のレギュラーとなり夏は三塁手、秋からはエース。3年夏は県大会決勝で敗れたが、U-18日本代表に選ばれた。明大では1年春からリーグ戦に登板。3年春からエースとして活躍し、夏には大学日本代表となる。
伊勢大夢九州学院高投 手右右一新小4年で軟式野球を始める。西山中でも軟式でプレーした。九州学院高では1年秋からベンチ入りし、2年秋からエース。3年春に甲子園に出場した。明大では1年秋からリーグ戦に登板。
船曵 海法政大天理高外野手右左勝原小時代はソフトボール選手。朝日中時代は姫路西シニアでプレーした。天理高では2年夏から外野のレギュラーとなる。3年夏の県大会2回戦智弁学園高戦では2打席連続ホームランを放った。法政大では1年春からリーグ戦に出場し、2年春に外野手のレギュラーとなる。
宇草孔基常総学院高外野手右左墨田寺島小1年で墨田リトルに入る。向島中時代は墨田シニアで捕手としてプレーした。常総学院高では1年秋に背番号18でベンチ入りし、関東大会から外野手のレギュラーとなる。2年秋からは二塁手で1番を打ち、3年選抜の米子北高戦では1試合5盗塁を記録。U-18代表にも選ばれた。
田中誠也立教大大阪桐蔭高投 手右右深野北小3年で軟式野球を始める。深野中時代は生駒ボーイズでプレーした。大阪桐蔭高では1年秋からベンチ入りし、2年秋からエース。立教大では2年春からエースとなり、3年春に6勝をあげて最多勝を獲得。
藤野隼大川越東高捕 手右右東原小2年で軟式野球を始め、5年で捕手となる。大井中時代は上福岡シニアでプレーした。川越東高では1年秋からベンチ入りし、2年秋から正捕手となり、3年春の関東大会で準優勝。立教大では2年春に正捕手となり、2年秋ベストナイン。3年夏には大学日本代表にも選ばれた。
東都大学
佐藤都志也東洋大聖光学院高捕 手右左平六小5年でソフトボールを始める。平二中時代は軟式で捕手としてプレーした。聖光学院高では1年秋から捕手としてベンチ入りし、2年秋から正捕手。3年夏には1番を打って甲子園に出場した。プロ志望届を提出したが指名されず東洋大に進学。1年春からベンチ入りし、2年春に一塁手のレギュラーとなる。3年春に捕手に復帰。
横山 楓国学院大宮崎学園高投 手右両池内小4年で軟式野球を始め、投手兼外野手。大宮中時代は宮崎中央ボーイズで投手となる。宮崎学園高では1年夏からベンチ入りし、2年夏から実質エース。国学院大では3年春から登板。
山本卓弥亜細亜大神村学園高外野手右左大王谷小1年でソフトボールを始める。大王谷中時代は日豊ボーイズで投手兼外野手としてプレーした。神村学園高では1年夏からベンチ入り。秋からは中軸を打ち、2年春と3年春に甲子園に出場。高校通算16本塁打。亜細亜大でも1年春からベンチ入り。
首都大学
原田泰成東海大東海大望洋高投 手右右生浜中時代はポニーリーグでプレー。東海大望洋高では2年夏に背番号10で甲子園に出場。東海大では1年春からリーグ戦に登板。
海野隆司関西高捕 手右右福浜中時代はヤングリーグの岡山でプレー。関西高では2年春に正捕手となる。東海大では1年秋からリーグ戦に出場。
山田綾人玉川大桐光学園高投 手右右三保小1年で軟式野球を始め、6年のときベイスターズジュニアで外野手をつとめる。十日市場中時代は青葉緑東シニアで投手となる。桐光学園高では1年冬に左足首靭帯損傷と骨折で手術し、2年秋にベンチ入りしたものの、3年夏も背番号20の5番手投手で公式戦の登板はなし。玉川大では1年春に二部リーグ戦に出場。
東京新大学
杉山晃基創価大盛岡大付高投 手右右梅田小1年で東京北砂リトルに入る。立石中時代は墨田ポニーでプレーした。盛岡大付高では2年春の東北大会に登板したが、夏の甲子園ではベンチ外。秋にエースとなる。創価大では1年春からリーグ戦に登板し、2年春からエース。4年春までリーグ戦22連勝。
小孫竜二遊学館高投 手右右犀生小で軟式野球を始める。犀生中時代は金沢ボーイズで投手兼外野手としてプレーし、中日本選抜にも選ばれた。遊学館高では1年秋に外野手としてベンチ入り、2年春からは控え投手として登板。秋にはエースとなり、3年夏は甲子園に出場した。プロ志望届を提出したが指名されず、創価大に進学。
選手名所 属出身校位 置利腕寸  評
関西学生
坂本裕哉立命館大福岡大大濠高投 手左左玄洋小4年で軟式野球を始め、玄洋中時代に九州大会で優勝。福岡大大濠高では1年秋からベンチ入りし、2年秋にエースとなる。立命館大では2年からリーグ戦に登板。
谷川刀麻近畿大星稜高外野手右左小3で野球を始める。星稜中時代は軟式で内野手兼投手としてプレー。星稜高では1年春から投手兼外野手としてベンチ入りし、夏には甲子園に出場。秋にセンターで3番のレギュラーとなる。2年秋からはエースで5番。高校通算17本塁打。近大に進学して外野手に専念し、1年春からリーグ戦に出場。
関西6大学
大西広樹大阪商大大商大高投 手右右二上小2年で軟式野球を始める。大商大高では3年の春季大阪大会で1試合20奪三振を記録。大阪商大では1年春からリーグ戦に登板し、2年春からエース。3年春には6勝をあげた。ベストナイン2回。
阪神大学
八木玲於天理大敦賀高投 手右右天理大では1年秋からリーグ戦に登板。 
福岡6大学
福森耀真九州産大北九州高投 手右右守恒中時代は軟式でプレー。九州産大では1年春からリーグ戦に出場。
九州地区大学
小川一平東海大九州横須賀工投 手右右 
杉尾剛史宮崎産経大宮崎日大高投 手右右久峰中時代は宮崎シニアでプレー。宮崎日大高ではエースとして3年夏に甲子園に出場。宮崎産経大では1年春から登板し、秋からはエースとして活躍。