2020年注目の大学野球選手  OFFICE MORIOKA ドラフト2019
選手名所 属出身校位 置利腕寸  評
仙台6大学
元山飛優東北福祉大佐久長聖高内野手右左上小阪中時代は生駒ボーイズでショートで4番を打つ。佐久長聖高では1年夏から三塁手で1番を打つ。東北福祉大では1年春からリーグ戦に出場し、3年夏には大学日本代表。ベストナイン2回。
東京6大学
早川隆久早 大木更津総合高投 手左左木更津総合高では2年春から甲子園に3回出場し、U-18代表。
佐藤宏樹慶応大大館鳳鳴高投 手左左桂城小4年で野球を始める。大館一中時代は軟式でプレーした。大館鳳鳴高では1年夏からベンチ入りし、2年秋からエース。慶大では1年春からリーグ戦に登板。
東都大学
村上頌樹東洋大智弁学園高投 手右左賀集小1年で野球を始め、3年で投手となる。南淡中時代はヤングリーグでプレーした。智弁学園高では3年春夏連続して甲子園に出場し、選抜では5試合すべてに登板して優勝。東洋大では1年春からリーグ戦に登板。3年春には6勝0敗、4完封、防御率0.77をマークし、MVPを獲得。リーグ通算9勝。
畠中優大中央大樟南高投 手左左樟南高では3年夏に甲子園に出場。
内間拓馬亜細亜大宜野座高投 手右右本部小で軟式野球を始める。宜野座高3年夏は背番号10だった。亜細亜大では1年秋からリーグ戦に登板。
糸川亮太立正大川之江高投 手右右妻鳥小1年で軟式野球を始める。川之江北中時代は川之江ボーイズでプレーした。川之江高では2年秋にエースとなり、3年春に県大会優勝。立正大では2年春からリーグ戦に登板。
首都大学
山崎伊織東海大明石商投 手右右人丸小1年で野球を始める。大蔵中時代は明石ボーイズでプレーした。明石商では甲子園に出場。東海大では2年春からリーグ戦に登板、3年春にMVPを獲得。
選手名所 属出身校位 置利腕寸  評
関西学生
有村大誠立命館大秀岳館高投 手右右津田小で軟式野球を始める。津田中時代はオール枚方ボーイズでプレーした。秀岳館高に進学し、2年秋にエースとなる。立命館大では2年春からリーグ戦に登板、秋には防御率0.67を記録した。
佐藤輝明近畿大仁川学院高内野手右左甲東小1年で野球を始める。甲陵中時代は軟式で主に捕手としてプレーした。仁川学院高では三塁手兼外野手。県大会4回戦が最高で全く無名だったが、近畿大では1年春の開幕戦から5番を打つ。ベストナイン3回。リーグ通算9本塁打。
福岡6大学
岩田将貴九州産大九産大九州高投 手左左吉塚小1年からソフトボールを始める。吉塚中時代は福岡ボーイズで投手としてプレーした。九産大九州高では1年夏からベンチ入り。3年夏は県大会4回戦で敗退。九産大では2年春に7勝0敗、防御率1.44をマークしてMVPを獲得したが、ひじを痛めて8月に左肱軟骨除去手術を受ける。秋のリーグ戦では登板せず、3年春に復活。