2023年注目の社会人野球選手  OFFICE MORIOKA ドラフト2022
選手名位置生年所 属出身校利腕球  歴
阿部雄大投 手2000ENEOS酒田南高左左ENEOSでは1年目から日本選手権に登板。
飯田琉斗投 手1999ENEOS向上高→横浜商大右右篠原西小2年で軟式野球を始める。六角橋中時代は横浜都筑ボーイズでプレーした。向上高では1年夏からベンチ入りし、2年秋からエース。横浜商大では1年春からリーグ戦に登板。プロ志望届を提出したが指名されず、ENEOSに入社。
飯村将太投 手1998KMGホールディングス霞ヶ浦高→桜美林大右右筑波東中時代は筑西田宮ボーイズでプレーした。 
石黒佑弥投 手2001JR西日本星城高右右藤里小1年で軟式野球を始める。宮田中時代も軟式でプレーし、2年の時に捕手から投手に転向。星城高では1年夏から控え投手として登板、2年秋にエースとなる。JR西日本では3年目の2022年にエースとなる。 
入江 空投 手1998茨城日産宇都宮工→作新学院大左左小4で野球を始める。宇都宮工ではエース。
内田了介投 手2002ホンダ熊本埼玉栄高右右 
大石将斗投 手 JFE西日本創成館高→環太平洋大右右中学時代は飯塚ボーイズでプレー。創成館高では控え投手。環太平洋大では1年春からリーグ戦に登板し、4年春にエースとして5勝をあげる。プロ志望届を提出したが指名されず、JFE西日本に入社。
大谷輝龍投 手2000伏木海陸運送小松大谷高左左小松大谷高で投手を始め、2年夏から公式戦に登板し、秋にエースとなる。JFE東日本を経て、2021年伏木海陸運送に転じた。 
大畑理暉投 手1998JR西日本履正社高→奈良学園大右右寝屋川十中時代は寝屋川中央シニアでプレー。履正社高では公式戦の登板は1試合のみ。奈良学園大では1年春からリーグ戦に登板、2年春には5勝をあげ、4年秋はMVPを獲得。リーグ通算20勝13敗。JR西日本では2年目からエースとして活躍。
大畑 蓮投 手2001西部ガス明豊高右右別府朝日小2年で軟式野球を始め、明豊中時代も軟式でプレーした。明豊高では2年春から登板し、3年春は選抜ベスト4。西部ガスでも1年目から都市対抗に出場。
片山皓心投 手1998ホンダ日立一高→桐蔭横浜大左左中根小2年で軟式野球を始める。日立一高では2年夏に背番号1となるも、控え投手。桐蔭横浜大では2年秋からリーグ戦に登板。4年秋にエースとなり、6勝をあげてベストナインに選ばれる。ホンダでも1年目から活躍。 
片山楽生投 手2002NTT東日本白樺学園高右左柳町小2年で軟式野球を始める。音更共栄中時代も軟式でプレーし、エースで4番を打った。白樺学園高では1年秋に一塁手のレギュラーとなり、2年秋からエースで4番。プロ志望届を提出したが指名されず、NTT東日本に入社。
加藤三範投 手1998ENEOS花巻東高→筑波大左左船越小1年で軟式野球を始め、山田中時代も軟式でプレーした。花巻東高では控え投手で、2年夏の甲子園に出場。筑波大では1年春からリーグ戦に登板。プロ志望届を提出したが指名されず、ENEOSに入社。2022年の都市対抗では先発・救援で活躍して優勝。
加藤優弥投 手 日本製鉄東海REX金沢龍谷高右右西枇杷島小2年で軟式野球を始める。西枇杷島中時代は津ボーイズでプレーした。プロ志望届を提出したが指名されず、日本製鉄東海REXi入社。
上出拓真投 手1998NTT東日本札幌第一高→国学院大右右札幌清田緑小で軟式野球を始め、清田中時代も軟式でプレーした。札幌第一高では2年秋からエースで。3年春に甲子園に出場。国学院大では2年春からリーグ戦に登板。プロ志望届を提出したが指名されず、NTT東日本に入社。
河浦圭佑投 手2000JR東日本小倉高右右北九州足原小ではソフトボール選手。霧丘中では軟式でプレーした。小倉高では1年秋にベンチ入りし、2年秋にエースとなって、3年春には県大会で優勝した。
神頭 剛投 手1999日本製鉄広畑関西高右右姫路広畑小で軟式野球を始める。広畑中時代は兵庫夢前ヤングでプレーした。関西高では控え投手として登板。日本製鉄広畑に入社、4年目の2021年に初めて都市対抗予選に登板、2022年には本大会でも登板した。
草海光貴投 手1998セガサミー上田西高右右小3で野球を始め、更北中時代は長野南シニアでプレーした。上田西高では1年夏に三塁手で3番を打ち、秋に投手に転向。2年春にはエースとなり、夏には甲子園に出場した。セガサミーでは1年目から野手として出場、3年目の2019年に投手に復帰した。
古田島成龍投 手 日本通運取手松陽高→中央学院大右右河内長竿小で軟式野球を始める。河内中時代も軟式でプレーした。取手松陽高では1年夏に外野手のレギュラーとなり、秋からエース。中央学院大では2年春からリーグ戦に出場。プロ志望届を提出したが指名されず、日本通運に入社。
古屋敷匠真投 手2000セガサミー八戸工大一高→法政大右左蛯沢小3年で野球を始める。東北中時代は軟式でプレーした。八戸工大一高では1年秋から登板し、2年秋からエース。プロ志望届を提出したが指名されず、セガサミーに入社。
小谷野楽夕投 手1998JR東日本日大三高→日大右右上平井小で軟式野球を始める。新小岩中時代は江戸川南ボーイズでプレーした。日大三高では2年秋からエースとなるが、3年夏はけがで未登板。日大では1年秋からリーグ戦に登板。3年秋に一旦エースとなるがけがで離脱、4年秋に復帰した。 
権田琉成投 手 TDK上田西高→明星大右右長野共和小で軟式野球を始める。川中島中時代は長野南シニアでプレーした。上田西高では背番号11の控え投手。明星大ではプロ志望届を提出したが指名されず、TDKに入社。
佐藤 廉投 手1998ヤマハ修徳高→共栄大左左修徳中時代は軟式でプレー。修徳高では3年春から登板し、夏は背番号10。共栄大では1年秋からリーグ戦に登板。リーグ通算12勝5敗。ヤマハでも1年目から活躍。
関根智輝投 手1999ENEOS都立城東高→慶大右右葛飾新宿小時代に父が監督をつとめていたチームで軟式野球を始め、新宿中時代も軟式で1年夏からエース。都立城東高では1年夏からベンチ入りし、2年秋からエース。慶大では1年春からリーグ戦で活躍したが、2年夏にトミー・ジョン手術を受ける。4年春に復帰、卒業後はENEOSに入社した。
竹田 祐投 手 三菱重工West履正社高→明治大右右住道南小2年で軟式野球を始める。住道中時代は生駒ボーイズでプレーした。履正社高では1年秋に遊撃手のレギュラーとなり、2年秋からはエース。明大では1年秋からリーグ戦に登板。プロ志望届を提出したが指名されず、三菱重工Westに入社。
竹本祐瑛投 手1998JR東日本東北八戸西高→駒沢大右右八戸白銀小で軟式野球を始め、白銀中時代も軟式でプレーした。八戸西高では2年春にエースとなり、3年春に県大会で優勝。駒沢大では1年春からリーグ戦に登板。プロ志望届を提出したが指名されず、JR東日本東北に入社して1年目からエースとして活躍。
多田裕作投 手1999NTT東日本日体柏高→拓殖大右右日体柏高では控え投手。拓殖大では1年春からリーグ戦に登板。NTT東日本では1年目から都市対抗に登板した。
中山怜央投 手1998日本製紙石巻奈良大付高→仏教大右右二階堂小3年で軟式野球を始める。天理西中時代は天理シニアでプレーした。奈良大付高では控え投手で3年春に甲子園に出場。仏教大では1年春からリーグ戦に登板。4年ではエースとして春秋合わせて9勝をマーク。
長谷川稜佑投 手 JFE東日本足立学園高→青森大右右三郷高州小で軟式野球を始める。三郷南中時代は軟式のクラブチームでプレーした。足立学園高では3年春にエースとなる。青森大では2年春からリーグ戦に登板。4年春には1試合19奪三振も記録。プロ志望届を提出したが指名されず、JFE東日本に入社。
林 明良投 手1998エイジェック横浜隼人高→関東学院大左左戸塚中時代は軟式でプレー。横浜隼人高では2年夏から控え投手として公式戦に登板。関東学院大では1年秋に2試合登板したのみ。エイジェックでは1年目から公式戦に登板。
広沢 優投 手2001JFE東日本日大三高右右玉堤小で大田リトルに入る。尾山台中時代は世田谷西シニアでプレーした。日大三高では2年夏に甲子園に出場。
藤村哲之投 手1999東 芝愛工大名電高→横浜商大左左小1で野球を始め、益富中時代は豊田シニアでプレーした。愛工大名電高では2年秋にエースとなり、3年夏は県大会準優勝。横浜商大では1年春からリーグ戦に登板、3年秋からはエース。東芝でも1年目から先発投手として活躍。
又木鉄平投 手1999日本生命日川高→東京情報大左左日川高では2年夏にレフト兼投手となり、3年夏はエース。東京情報大では1年春からリーグ戦に登板。通算15勝11敗。日本生命でも1年目から先発投手として登板。
八木玲於投 手1998ホンダ鈴鹿敦賀高→天理大左左敦賀咸新小で軟式野球を始める。角鹿中時代は軟式で外野手としてプレーした。敦賀高では1年秋から登板。天理大でも1年秋からリーグ戦に登板し、リーグ通算16勝4敗。 
米倉貫太投 手2000ホンダ埼玉栄高右右うきは御幸小3年で軟式野球を始める。浮羽中時代は浮羽ボーイズでプレーした。埼玉栄高に進学し、1年夏から控え投手として登板し、秋にエースとなる。ホンダでは1年目から登板。
若杉晟汰投 手2002ENEOS明豊高左右鶴見小時代に軟式野球を始める。明豊中でも軟式でプレーした。明豊高では1年秋からエース。プロ志望届を提出したが指名されず、ENEOSに入社。

選手名位置生年所 属出身校利腕球  歴
大友 宗捕 手 日本通運鳥羽高→帝京大右右帝京大ではプロ志望届を提出したが指名されず、日本通運に入社。
久保田拓真捕 手 パナソニック津田学園高→関西大右右西須磨小1年で軟式野球を始める。鷹取中時代は神戸中央シニアでプレーした。津田学園高では1年秋にベンチ入りし、2年春から正捕手。関西大では1年春からリーグ戦に出場し、2年春に正捕手となる。プロ志望届を提出したが指名されず、パナソニックに入社。
拾尾昌哉捕 手2001三菱重工West奈良大付高右右奈良大付高では2年夏に甲子園に出場。
立松由宇捕 手1999日本生命藤代高→立正大右左松飛台小1年で軟式野球を始める。中学時代は柏シニアでプレーした。藤代高では1年秋に三塁手のレギュラーとなり、2年秋に捕手に転向。立正大では1年春からリーグ戦に出場。日本生命でも1年目から正捕手をつとめる。

選手名位置生年所 属出身校利腕球  歴
佐藤勇基内野手1998トヨタ自動車中京大中京高→法政大右右植田中時代は東海ボーイズでプレーした。中京大中京高では1年秋から三塁手のレギュラー。法政大では2年春からリーグ戦に出場。トヨタ自動車では1年目から二塁手として出場。父は佐藤秀樹(元中日)。 
中山遥斗内野手1998三菱重工East大阪桐蔭高
→国学院大
右右福泉上小で堺Jボーイズに入り、福泉中時代は八尾中央ボーイズでプレーした。大阪桐蔭高では1年秋に三塁手で1番を打ち、甲子園に2回出場。国学院大では1年秋からリーグ戦に出場。プロ志望届を提出したが指名されず、三菱重工Eastに入社して1年目から二塁手のレギュラーとなる。
古寺宏輝内野手1998ホンダ熊本大阪桐蔭高→関東学院大右右高家小で軟式野球を始める。宇佐北部中時代は京築ボーイズでプレーした。大阪桐蔭高では一塁手で5番を打ち、3年春に甲子園に出場。関東学院大では3年春に首位打者を獲得。ホンダ熊本では1年目の2021年目に都市対抗で若獅子賞を獲得した。


選手名位置生年所 属出身校利腕球  歴
串畑勇誠外野手1998NTT西日本広陵高→東海大右右安佐中時代は八幡少年野球クラブシニアでプレーした。東海大では3年春秋ベストナイン。プロ志望届を提出したが指名されず、NTT西日本に入社。 
坂巻尚哉外野手1998トヨタ自動車千葉経大付高→中央大右右五井中時代は千葉緑シニアでプレー。千葉経大付高では1年秋から4番を打つが、中央大では1年秋からリーグ戦に出場するも控え選手。
住谷湧也外野手2001西濃運輸近江高左左大宝小で軟式野球を始める。栗東西中時代は滋賀栗東ボーイズでプレーした。近江高では甲子園に3回出場。
関 龍摩外野手1998JFE東日本福井商→
関東学院大
右右越前南越中時代は投手。福井商で外野手に転向して4番を打つ。関東学院大では1年春から外野手のレギュラーとなり、秋には打率.582で首位打者を獲得。JFE東日本でも1年目から活躍。
滝沢虎太朗外野手1999ENEOS山梨学院高→早大右左南野川小1年で軟式野球を始める。東山田中時代は青葉緑東リトルシニアで投手兼遊撃手としてプレーした。山梨学院高では1年春から内野手のレギュラーとなる。のち外野手に転向。早大では2年春からリーグ戦に出場し、秋から外野手のレギュラーに。リーグ通算3本塁打。ENEOSでは1年目からレフトのレギュラーとして出場。
三井健右外野手1998大阪ガス大阪桐蔭高
→立教大
右左大阪南住吉小で住吉大和川リトルに入る。三稜中時代は大阪西成シニアでプレーした。大阪桐蔭高では2年秋からレフトのレギュラーとなる。立教大では2年春からレフトで4番を打ち、4年秋ベストナイン。リーグ通算9本塁打。大阪ガスでも1年目から外野手兼DHでレギュラーをつとめる。
度会隆輝外野手2002ENEOS横浜高左左3歳で野球を始める。柏井小時代は東京北砂リトルでプレーした。下貝塚中時代は佐倉シニアでプレーし、U-15日本代表。横浜高では1年春からベンチ入り。プロ志望届を提出したず指名されず、ENEOSに入社。父は渡会博文(元ヤクルト)。