2020年注目の独立リーグその他の選手  OFFICE MORIOKA ドラフト2020
選手名生年所 属出身校位 置利腕寸  評
青柳正輝1996BCL群馬伊勢崎清明高→大東文化大投 手左左小学校の時に野球を始め、5年のときに投手となる。前橋五中時代は軟式でプレーし、県大会で優勝。伊勢崎清明高では1年夏からベンチ入り、3年夏にはエースとして県大会準優勝。大東文化大ではプロ志望届を提出したが指名されず、2019年BCL群馬に入団。初先発で完封、以来9連勝して前期MVPを獲得した。
有吉弘毅1994BCL石川西南学院高→福岡大投 手左左若久小3年で野球を始める。西南学院高ではエースで、3年夏の県大会では18奪三振を記録。福岡大では1年秋からリーグ戦に登板。2017年BCL石川に入団し、1年目から登板。
石井大智1997四国IL高知秋田高専投 手右右秋田旭川小で軟式野球を始める。秋田東中時代も軟式でプレーした。秋田高専を経て、2018年四国IL高知に入団。
岡部峻太1996四国IL高知中津東高投 手右右宇佐北馬城小で軟式野球を始める。宇佐中時代も軟式でプレーした。中津東高時代はエースで、3年夏は県大会ベスト8。卒業後は硬式のクラブチーム、BANベースボールクラブでプレーし、2016年8月に四国IL高知に入団。2017年には10勝をあげて最多勝を獲得した。
小沼健太1998BCL茨城東総工投 手右右飯岡小3年で野球を始める。東総工ではエース。2017年BCL武蔵に入団して1年目から先発投手として登板。2019年茨城に転じた。189cmの長身。
金子知生2000BCL群馬新田暁高投 手右右笠懸東小1年で空手を始め、4年からはキックボクシング。5年秋から野球を始め外野手となる。笠懸南中時代は軟式で、捕手としてプレーした。新田暁高では1年春からベンチ入りし、秋に投手に転向。2年秋からエースとなり、3年夏には144kmを記録。高校通算15本塁打。プロ志望届を提出したが指名されずBCL群馬に入団、1年目から先発投手として登板。
四戸洋明1996四国IL愛媛国士舘高投 手右右船堀小で軟式野球を始める。松江一中時代は江戸川ボーイズでプレーした。国士舘高を経て、2015年四国IL愛媛に入団。
竹内裕太1996四国IL徳島駒大高→
鶴見大
投 手右左世田谷東深沢小で長生リトルに入る。東深沢中時代は世田谷ボーイズでプレーした。駒大高ではエース。鶴見大を経て、2018年四国IL徳島に入団、後期だけで5勝をマークした。173cmと小柄。
永水 豪1995BCL石川嘉穂東高→明星大投 手右左小学校時代に野球を始め、内野手となる。中学時代はボーイズリーグで三塁手としてプレーした。嘉穂東高2年秋に投手に転向。明星大ではプロ志望届を提出したが指名されず、2018年BCL石川に入団、2年目の2019年はエースとして活躍。
橋詰 循1994BCL栃木津名高
→千葉経大
投 手右右洲本都志小で軟式野球を始める。五色中時代も軟式でプレーした。津名高では3年夏に県大会4回戦進出。千葉経済大では1年からリリーフ投手として登板し、3年春からは先発投手として活躍。2017年BCLに新加入した栃木に入団、再びリリーフ投手として活躍。190cmの長身。
原田宥希1994BCL福井大体大浪商高投 手右右堺八田荘西小で野球を始める。八田荘西中時代は堺泉北シニア、ヤングリーグ堺でプレーした。大体大浪商高では背番号11の控え投手。2013年滋賀高島BCに入り、2015年四国IL香川に入団、1年目の後半から先発投手として活躍。2018年は防御率1.47でMVPを獲得したが指名されず、2019年BCL福井に移籍。
前川 哲1996BCL新潟新潟産大付高投 手右右柏崎大洲小で軟式野球を始め、柏崎三中時代も軟式でプレーし、3年の時投手に転向した。新潟産大付高では1年春にレフトで5番を打ち、3年夏はエースで4番。BCL新潟では1年目から登板、2年目から指名候補といわれている。
又吉亮文1995四国IL香川浦添高→環太平洋大投 手右左浦添小時代は浦添FCでサッカー選手としてプレー。浦添中で野球を初めて外野手となり、浦添高で投手に転向したが、控え投手だった。環太平洋大では2年秋と4年秋に神宮大会に登板。2018年四国IL香川に入団。兄は又吉克樹(中日)。
宮野結希2000BCL信濃堀越高投 手右左2019年BCL信濃に入団、1年目から活躍。
喜多亮太1996BCL石川敦賀気比高捕 手右右大阪鶴浜小で軟式野球を始める。大正西中時代は大正シニアでプレーした。敦賀気比高では2年春と3年春に甲子園に出場し、3年春はベスト4まで進む。セガサミーに入社して、2018年にはU-23代表にも選ばれたが、2019年退社してBCL石川に入団。
玉村欣梧1996BCL武蔵大体大浪商高捕 手右右日新小4年で野球を始める。大体大浪商高では捕手で4番を打った。高校通算30本塁打。履正社スポーツ専門学校でプレーし、2018年には巨人が育成枠で指名といわれたが指名されず、BCL武蔵に入団。
速水隆成1997BCL群馬桐生第一高捕 手右右高崎北部小1年で軟式野球を始める。並榎中時代も軟式で捕手としてプレーした。桐生第一高では1年秋に一塁手のレギュラーとなり、2年春に甲子園に出場。プロ志望届を提出したが指名されずBCL群馬に入団。1年目に捕手に転向し、2年目からはレギュラーとなる。
三好一生1995四国IL香川丸亀高→駒沢大捕 手右右香川大酒出小で軟式野球を始める。香川大坂出中時代も軟式でプレーした。丸亀高では2年秋から捕手で4番を打ち、3年春に四国大会ベスト4、夏は県大会準優勝。駒沢大に進学したが、3試合にしか出場できなかった。2017年四国IL香川に入団、1年目から正捕手として活躍。
青木 颯1995BCL群馬柏木学園高→鶴見大内野手右左荒川汐入小で鶴見リトルに入る。横浜寛政中時代は川崎ボーイズでプレーした。鶴見大ではプロ志望届を提出したが指名されず、BCL群馬に入団、遊撃手としてプレー。
上杉泰賀1998BCL茨城府中工内野手右左小1で野球を始め投手となる。中学時代に三塁手に転向、府中工では三塁手で4番を打った。全府中クラブに入団して3年目にレギュラーとなり、BCL茨城に入団した。
神谷 塁1995BCL石川北山高内野手右左小学校で野球を始め、内野手兼投手となる。今帰仁中時代は軟式でプレーし、3年の時全国大会に出場。北山高では3年春に九州大会ベスト8。クラブチームのビッグ開発を経て、2017年BCL石川に入団、2018年には盗塁王を獲得。
妹尾克哉1998四国IL香川神戸国際大付高内野手右左明石大久保小で明石リトルに入る。大久保中時代は軟式でプレーした。2017年四国IL香川に入団、翌2018年には遊撃手のレギュラーとなり、打率.356で首位打者を獲得。
服部真琴1997四国IL徳島庄原実→吉備国際大外野手右左吉備国際大ではセンターで4番を打つ。2019年四国IL徳島に入団。